信州ジビエ みなさん、鹿肉って食べたことありますか? 鹿肉をはじめとする野生鳥獣は、フランス語で"ジビエ"と言い、ヨーロッパでは高級・グルメ食材として親しまれています。 自然に恵まれた信州は、そんなジビエの宝庫。このブログでは、鹿肉を中心としたジビエのおいしさと魅力をつたえていきます。

信州ジビエ

みなさん、鹿肉って食べたことありますか? 鹿肉をはじめとする野生鳥獣は、フランス語で"ジビエ"と言い、ヨーロッパでは高級・グルメ食材として親しまれています。 自然に恵まれた信州は、そんなジビエの宝庫。このブログでは、鹿肉を中心としたジビエのおいしさと魅力をつたえていきます。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 信州ジビエ > ジビエ料理レシピ > ジビエ試食メニューの紹介(その4) 鹿肉のつくね焼き

ジビエ試食メニューの紹介(その4) 鹿肉のつくね焼き

7月25日に開催された
「シカと狩猟を考えるシンポジウム」

で、ジビエの試食で提供されたメニューの紹介です。

今回は
鹿肉のつくね焼き

まずは、材料です。

材料(4人分)
鹿ひき肉  300g
れんこん  200g
ブロッコリー 小1株
白いりごま 適量


 酒  大さじ1
 牛乳 大さじ1
 生姜汁 小さじ2
 塩  少々
 ガラスープの素(顆粒) 小さじ1


 長芋(すりおろし) 40g
 ねぎ(みじん切り) 20g
 粉山椒  小さじ1/2


 しょうゆ 大さじ4
 みりん  大さじ4
 酒   120㏄
 砂糖  大さじ3

サラダ油  大さじ2

作り方

① れんこんは皮をむき、フードプロセッサーで荒いみじん切りにする
  ブロッコリーは小房に分け、色よくゆでる
  ごまは切りごまにする

② ボウルにひき肉とAを入れ練混ぜる
  さらにBを入れて練る
  6等分して手に薄く油を付け、平たく丸める

③ フライパンにサラダ油を熱し、つくねを入れ、
  真ん中を少しくぼませ、両面をこんがりと焼いて火を通す
 
④ フライパンの余分な油をペーパーで拭き、Cを入れて煮からめる
  器に盛り、ブロッコリーを添える
  たれをかけて切りごまをふる

作り方のポイント

・ レンコンはあまり細かくしない
・ ひき肉は粘りが出るまで練る
・ 切りごまはたっぷりかける

このブログのトップへ