信州ジビエ みなさん、鹿肉って食べたことありますか? 鹿肉をはじめとする野生鳥獣は、フランス語で"ジビエ"と言い、ヨーロッパでは高級・グルメ食材として親しまれています。 自然に恵まれた信州は、そんなジビエの宝庫。このブログでは、鹿肉を中心としたジビエのおいしさと魅力をつたえていきます。

信州ジビエ

みなさん、鹿肉って食べたことありますか? 鹿肉をはじめとする野生鳥獣は、フランス語で"ジビエ"と言い、ヨーロッパでは高級・グルメ食材として親しまれています。 自然に恵まれた信州は、そんなジビエの宝庫。このブログでは、鹿肉を中心としたジビエのおいしさと魅力をつたえていきます。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 信州ジビエ > ジビエ料理レシピ > レシピ05 鹿肉の串揚げ (:諏訪編)

レシピ05 鹿肉の串揚げ (:諏訪編)

鹿肉の串揚げ

〔諏訪庖友調理師会賞〕を受賞したレシピです。

■材料 2人分
・串揚げ
  鹿肉 50g
  たまねぎ 50g
  ミニトマト 5個
  卵 1個
  小麦粉 30g
  日本酒 50cc
  パン粉 適量
  塩 少々
  コショウ 少々
・ソース
  中濃ソースとトマトケチャップ(1対1で配合)
  マヨネーズ 大さじ2
  たまねぎ(みじん切り) 適量
  パセリ(みじん切り) 適量
  塩 少々
  コショウ 少々
  レモン 適量


■ つくり方
 ① 鹿肉は1cm 位の小さめの角切り、20等分にして日本酒少々と塩・コショウで下味をつける。
 ② たまねぎも1cm 位に切る。ミニトマトはヘタを取り1個を半分の輪切りにして5個分で10枚にする。
 ③ 短めの竹串に、肉・たまねぎ・ミニトマトを2個ずつ交互に刺す。
 ④ 卵・小麦粉・日本酒は1つのコップに入れ混ぜる。(ここでパン粉を付ける手前まで仕上げる)
 ⑤ ④の物をパン粉に付けて軽く押さえ、180℃位の油で2~3分揚げる。
 ⑥ 皿にレタスを敷いて串揚げを盛り、好みのソースやレモンを絞って熱いうちに食べる。


■ 特色・ポイント
 ① 串は短い方が揚げ易く、食べ易い。
 ② フライの衣付けをコップで一気に付ける事により手間が省け、串や手も汚れない。
 ③ トマトが鹿肉とあっておいしい。

レシピ集については、こちら→https://blog.nagano-ken.jp/gibier/events/293.html

このブログのトップへ