信州ジビエ みなさん、鹿肉って食べたことありますか? 鹿肉をはじめとする野生鳥獣は、フランス語で"ジビエ"と言い、ヨーロッパでは高級・グルメ食材として親しまれています。 自然に恵まれた信州は、そんなジビエの宝庫。このブログでは、鹿肉を中心としたジビエのおいしさと魅力をつたえていきます。

信州ジビエ

みなさん、鹿肉って食べたことありますか? 鹿肉をはじめとする野生鳥獣は、フランス語で"ジビエ"と言い、ヨーロッパでは高級・グルメ食材として親しまれています。 自然に恵まれた信州は、そんなジビエの宝庫。このブログでは、鹿肉を中心としたジビエのおいしさと魅力をつたえていきます。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 信州ジビエ > ジビエ料理レシピ > レシピ09 シカマン (:諏訪編)

レシピ09 シカマン (:諏訪編)

シカマン

〔優秀賞〕を受賞したレシピです。

■材料 2人分
・生地
  強力粉 50g
  薄力粉 50g
  ドライイースト 2g
  三温糖 2g
  水 120g
・あん
  鹿肉 適量
  野沢菜 適量
  シイタケ 適量
  ネギ 適量
・調味料
  塩 少々
  コショウ 少々
  砂糖 少々
  ゴマ油 少々
  片栗粉 少々
  酒 少々


■ つくり方
1)生地を作る
 ① 器に強力粉、薄力粉、ドライイースト、三温糖をいれてざっと混ぜ、水を加えて混ぜ合わせ粉に水が馴染んだら、ある程度生地がまとまるまで手でこねる。
 ② まな板に打ち粉を振り、生地を移してさらにこねる。
 ③ こねた生地をラップで包み温室で30分程度寝かせる。
2)あんを作る
 ① 炒めた野沢菜やシイタケ・ネギなど野菜は好みの食材を選びみじん切りにし、ひき肉もしくは庖丁で叩き細かくした鹿肉とあわせ、味付けの調味料を加え粘りが出るまでこね合わせる。
3)皮を作る
 ① 生地を九つに分け、打ち粉を振った台にのせ手のひらで押して平らにする。
 ② めん棒でのばし、円状の薄い皮を作る。
4)あんを包む
 ① 皮の中央にあんをのせ、皮の端をつまんでひだを寄せ、一つにしてねじって留める。
5)蒸す
 ① クッキングシートにのせ、セイロにならべ20分ほど蒸し上げる。


■ 特色・ポイント
 醤油、ラー油、黒酢、練りからしを混ぜたつけタレをお好みで付けて食べる。

レシピ集については、こちら→https://blog.nagano-ken.jp/gibier/events/293.html

このブログのトップへ