信州ジビエ みなさん、鹿肉って食べたことありますか? 鹿肉をはじめとする野生鳥獣は、フランス語で"ジビエ"と言い、ヨーロッパでは高級・グルメ食材として親しまれています。 自然に恵まれた信州は、そんなジビエの宝庫。このブログでは、鹿肉を中心としたジビエのおいしさと魅力をつたえていきます。

信州ジビエ

みなさん、鹿肉って食べたことありますか? 鹿肉をはじめとする野生鳥獣は、フランス語で"ジビエ"と言い、ヨーロッパでは高級・グルメ食材として親しまれています。 自然に恵まれた信州は、そんなジビエの宝庫。このブログでは、鹿肉を中心としたジビエのおいしさと魅力をつたえていきます。

狩猟シンポのイベント紹介(各種相談等)

7/25(Sun)に安曇野市豊科公民館で行われるシカと狩猟を考えるシンポジウムでのイベント紹介の続きです。

今回は一寸地味ですが・・・・・・

実際に困っている方には朗報と言えるでしょう。

狩猟免許相談と鳥獣被害対策相談の各コーナーです。

まずは、鳥獣被害対策相談コーナー

昨年の写真です。

電気柵の話が中心になってしまうのは仕方のない事ですが・・・・・・
(具体的な対策、となるとどうしても”柵”ですし、質問もそこに集中します)

設置のしかたやポイントは勿論ですが、総合的な獣害対策も当然含まれます。

当日は、クマ対策員と鳥獣保護専門員が、相談を担当します。

農産物や林産物が、何らかの被害を受けてしまっている方、相談をお待ちしています。

また、今は困っていなくても、山に近い所で畑を作っている方も是非どうぞ

鳥獣害対策って、そんなにハードルの高い物じゃないんです。

さて、被害対策だけでなく、もう一歩進んで、鳥獣害対策の最終手段”捕獲”を行おうと思う方には

狩猟免許相談コーナーがあります。

捕獲(有害鳥獣駆除と言う方がとおりがいいですかね・・・・)には狩猟免許が必要です。

許可が無ければ基本的には野生鳥獣の捕獲はデキマセン

なので、野生の鳥や獣を捕まえようと思ったら、狩猟免許が必要です。

狩猟免許には4種類あります。
○ 網猟狩猟免許
○ わな猟狩猟免許
○ 第1種銃猟狩猟免許
○ 第2種銃猟狩猟免許

それぞれの免許で、できる事が違います。

どの免許が必要か、どうしたら免許が取得できるのか、等々の相談をお待ちしております。


この写真は、昨年のシンポジウムでわなの展示をしていた場所です。

いずれも、公民館で実施しています。

では、当日会場でお待ちしております。

是非お出掛け下さい。

このブログのトップへ