信州森林づくり応援ネットワーク

あなたにちょうどいい森林との付き合い方を探す場所、それが「信州・森林づくり応援ネットワーク」です。楽しみ方を発見すれば、森林との距離はグッと縮まりますよ。信州には、森や山などの自然に魅了されている多くの人がいます。そんな人々が、きっかけのほしいあなた、つながりを求めているあなた、スキルアップしてみたいあなたをご案内します。信州の木を使った取組の話題もありますよ。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 信州森林づくり応援ネットワーク > 【情報発信】信州「森に通う道」 > 樹木 > 巨樹・古木 > 【信州「森に通う道」シリーズ】陣馬形山のブナ(丸尾のブナ)

【信州「森に通う道」シリーズ】陣馬形山のブナ(丸尾のブナ)

 

※ 里山など案外身近な所で巨樹・古木は私たちの暮らしを見守っています。さて、次は、どんな巨木との出会いがあるでしょうか。

参考までに、5年前に上伊那の事務所に勤務していた頃、ブログにアップしていた巨木情報のリンクを貼り付けます。

権現山のダケカンバ(伊那市)

経ヶ岳山麓の巨木(伊那市・吹上のイチョウ、南箕輪村・大泉川源流のブナ等)

長野県で最も太いサワラ(伊那市・前平のサワラ、仲仙寺の相生スギ等)

長岡八幡宮のハリギリ(箕輪町)

信大農学部のユリノキ並(南箕輪村)

ケヤキの巨木(箕輪町・木下のケヤキ、伊那市・白山社八幡社合殿のケヤキ)

アカマツの巨木(伊那市・久保田のアカマツ、長谷のカラカサ松、駒ヶ根市・馬止の松)

みどりの少年団の森のメタセコイア(箕輪町)

サクラの名木(箕輪町・中曽根のエドヒガン、南箕輪村・北殿のエドヒガン)

 

 

 

 

1 2 3

このブログのトップへ