信州ジビエ みなさん、鹿肉って食べたことありますか? 鹿肉をはじめとする野生鳥獣は、フランス語で"ジビエ"と言い、ヨーロッパでは高級・グルメ食材として親しまれています。 自然に恵まれた信州は、そんなジビエの宝庫。このブログでは、鹿肉を中心としたジビエのおいしさと魅力をつたえていきます。

信州ジビエ

みなさん、鹿肉って食べたことありますか? 鹿肉をはじめとする野生鳥獣は、フランス語で"ジビエ"と言い、ヨーロッパでは高級・グルメ食材として親しまれています。 自然に恵まれた信州は、そんなジビエの宝庫。このブログでは、鹿肉を中心としたジビエのおいしさと魅力をつたえていきます。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 信州ジビエ > 信州ジビエ研究会 > ワークショップご参加ありがとうございました

ワークショップご参加ありがとうございました

 11月14日、松本市のキッセイ文化ホールで「第3回信州ジビ
エ協働ワークショップを開催しました。

 信州ジビエ研究会員を中心に18名の皆さんにご参加いただき
ました。ご参加、どうもありがとうございました。

 ワークショップでは主に消費の立場から、信州ジビエの課題
の解決策を話し合っていただきました。

参加者の方からは…
・ジビエに精通している料理人「ジビエソムリエ」を認定した
らどうか。

・何か信州ならではのジビエメニューが考えられないか。たと
えば信州みそで煮込んだ「鹿肉の味噌煮込み」とか。

・ジビエファンクラブの設立を。

などなど、色々な意見をいただきました。これらのご意見は、
現在策定を進めている「信州ジビエ振興方策」に反映させてい
ただきます。

ワークショップの後は、ホテルメトロポリタン長野の板花総
料理長による鹿肉下処理の講習会を行いました。

薄い膜をきれいに取り除かないと血が抜けず臭みが残ること
や、トレハロースをまぶすことで、よりよい下処理ができる
ことなどが紹介され、参加者の皆さんも熱心に質問していま
した。

 

 今後はジビエ振興方策の骨子案を検討する「第4回協働ワーク
ショップ」を来年1月に開催する予定ですので、皆様のご参加を
お待ちしております。

 

このブログのトップへ