信州ジビエ みなさん、鹿肉って食べたことありますか? 鹿肉をはじめとする野生鳥獣は、フランス語で"ジビエ"と言い、ヨーロッパでは高級・グルメ食材として親しまれています。 自然に恵まれた信州は、そんなジビエの宝庫。このブログでは、鹿肉を中心としたジビエのおいしさと魅力をつたえていきます。

信州ジビエ

みなさん、鹿肉って食べたことありますか? 鹿肉をはじめとする野生鳥獣は、フランス語で"ジビエ"と言い、ヨーロッパでは高級・グルメ食材として親しまれています。 自然に恵まれた信州は、そんなジビエの宝庫。このブログでは、鹿肉を中心としたジビエのおいしさと魅力をつたえていきます。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 信州ジビエ > ジビエ料理レシピ > レシピ08 鹿ロース肉の竜田揚げ

レシピ08 鹿ロース肉の竜田揚げ


鹿ロース肉の竜田揚げ りんご酢掛け

■特色・ポイント
◇鹿肉とりんごの相性は抜群で、信州らしさを表現しました。クセのない味わいは誰もが楽しめる料理です。
◇りんごに漬けることで肉質は柔らかくなります。
◇油は適度な温度で揚げることと、揚げすぎに注意してください。


■材料 4人分
・鹿肉(ロース) 320g
・長ねぎ 2本
・にんじん 1/2本
・ししとう 8本
・片栗粉・上新粉 適宜
・調味液(A)
  しょうゆ 144cc(1)
  みりん 144cc(1)
  酒 144cc(1)
  りんご (中玉・すりおろし) 1コ
  レモン (輪切り)1/2コ
・りんご酢(B)
  出汁 144cc(4)
  しょうゆ 36cc(1)
  酢 36cc(1)
  砂糖 20g
  りんご (中玉・すりおろし)1コ
  レモン汁 少々


■栄養成分表示 (一人前当たり)
 エネルギー 340kcal たんぱく質 20g


■つくり方
1 鹿ロース肉を切り分け、調味液(A)に約20分漬けます。
2 漬け汁から肉を取り、水分をよく切ったら、片栗粉と上新粉を合わせた粉をまぶし、180℃の油で約1分半揚げます。
3 (B)の調味料を合わせてりんご酢をつくり、片栗粉によりトロみを付けます。
4 竜田揚げを皿に盛り付けて、りんご酢を掛けます。


PDFファイルはこちら(A4・1枚)

長野県 ・ (社)長野県調理師会

このブログのトップへ