信州ジビエ みなさん、鹿肉って食べたことありますか? 鹿肉をはじめとする野生鳥獣は、フランス語で"ジビエ"と言い、ヨーロッパでは高級・グルメ食材として親しまれています。 自然に恵まれた信州は、そんなジビエの宝庫。このブログでは、鹿肉を中心としたジビエのおいしさと魅力をつたえていきます。

信州ジビエ

みなさん、鹿肉って食べたことありますか? 鹿肉をはじめとする野生鳥獣は、フランス語で"ジビエ"と言い、ヨーロッパでは高級・グルメ食材として親しまれています。 自然に恵まれた信州は、そんなジビエの宝庫。このブログでは、鹿肉を中心としたジビエのおいしさと魅力をつたえていきます。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 信州ジビエ > 狩猟・有害鳥獣捕獲・個体数調整 > 野生鳥獣被害対策事例発表会が開催されました

野生鳥獣被害対策事例発表会が開催されました

平成23年度の野生鳥獣被害対策チーム会議が
平成24年1月30日に長野県林業総合センターで開催されました。
当日は、各現地機関の被害対策チームによる、

 ①野生鳥獣に負けない集落づくり事例発表
 ②野生鳥獣被害対策実践モデル事業(中型獣)事例発表

が行われました。

なお、
事例発表の内容については、後日、県のホームページに、
事例集として発表予定です。


1 趣旨
 長野県野生鳥獣被害対策基本方針の短期目標である
「野生鳥獣に負けない集落づくり」及び
「長野県の自然、農林業をニホンジカから守るための積極的な捕獲の促進」
について、
県内各地域の取組み事例を発表することにより、
次年度以降の集落支援及びニホンジカの捕獲の取組みをより充実させる。

2 日時
 平成24年1月30日(月) 10時30分から

3 場所
 塩尻市片丘 長野県林業総合センター 大会議室

4 内容
(1) 事例発表
○各被害対策チームによる事例発表
 ①野生鳥獣に負けない集落づくり事例発表
 ②野生鳥獣被害対策実践モデル事業(中型獣)事例発表

(2) 対策チーム全体会議
○長野県におけるアライグマの生息状況(予報)
NPO法人生物多様性研究所 あーす わーむ 福江佑子 氏

○平成24年度野生鳥獣被害対策の取組み
・集落ぐるみの捕獲対策の進め方(林務部)
・集落ぐるみによる捕獲体制の整備について(農政部)
・平成24年度鳥獣被害防止総合対策について(農政部)
○被害対策支援チームによる事例発表の講評、連絡事項

このブログのトップへ