ほっとスタッフブログながの

長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 生身のスタッフによる血の通った顔の見える人間的なブログを目指しますので、お見逃しなく。

開催、商談のツボ!

こんにちは、農政課のKです。
さて、8月29日(木)に開催された「東北信うまいものまるごと大商談会2013」は大きな混乱もなく、盛況のうちに終わりました。
この日のための準備をしっかりと進めてきた成果が出たのだと思います。face01

商談会運営のため、私たち事務局も事前準備に大童でしたが、それ以上に参加された売り手企業さんは事前準備講座に参加し、商談シートの作成など、大忙しだったのではないでしょうか?

民間で10年以上営業や経営分析に携わった経験から、商談を成功させるツボ、いわゆるKFS(Key Factor for Success)の一つが、正しい事前準備である事は間違いありません。
今回は、短時間でもきちんと商談を行う事ができるような事前の準備をしてもらうために、全3回の準備講座を設け、最低2回の出席と、商談シートの作成・提出を商談会参加の条件としました。

正しい準備・・・講座に参加し商談シートを作成する経験は、非常に貴重な経験だったのではないでしょうか?
今回は事前準備講座でお伝えした「商談のツボ」をいくつか紹介したいと思います。face02


長野地方事務所では6月25日(火)に1回目の講座を開催しました。
編集室いとぐちの山口美緒さんを講師に迎え、「商品の魅力を伝えるための表現方法」をテーマとした講義を開催しました。

商談のツボ!① 「何となく耳通りのいい、使い勝手のいい言葉に逃げない」)
売りたいものを表現する時は、
具体的な言葉、短い言葉、理由や原因をともなった言葉で表現する。face08

どんな事にも応用できそうですが、使いこなすには訓練が欠かせなさそうです。face07

その他、商談シートの書き方講座と商談シート個別アドバイスなど、商談成功のカギともいえるFCPシート作成のための講座としました。

個別シートアドバイス。アドバイス側にも熱が入ります。icon10

1 2 3

このブログのトップへ