ほっとスタッフブログながの

長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 生身のスタッフによる血の通った顔の見える人間的なブログを目指しますので、お見逃しなく。

長野地域の安全狩猟射撃大会が開催されました。

林務課のSです(^^)/
連休明けの翌週の土曜日は千曲市で植樹祭でしたが、日曜日は地域の安全狩猟射撃大会でした
会場は、長野市内から戸隠へ向かう県道長野戸隠線沿いの山林の中にある「長野射撃場」です

地域の狩猟者の皆さんは、野生鳥獣被害の防止のための捕獲や出没の際の緊急対応など、地域のために活動してくださっていますが、そのための道具(「猟具」と言います)、特に「銃」については非常に危険の伴う猟具ですので、所持に当たっては定期的な訓練が義務付けられています

日ごろの訓練の成果の確認と、安全狩猟のための心構えの再確認のため、毎年この時期に各地の猟友会で安全狩猟射撃大会が開かれます


競技は、斜め前方に高く放出されるクレー(15㎝程の土製の皿です)を撃つかたちでおこなわれます

当たったクレーの枚数だけでなく、射撃前の銃の取り回し、撃たなかった場合の脱包(撃ってはいけない色の違うクレーが時々混じりますその際には弾を抜かなければなりません)、移動の際の銃の持ち方(銃口が人の方を向いたら即失格です)などなど、厳しく審査され、その都度減点されます


地元猟友会の皆さんは、ヤマザクラやコブシの白い花が咲く山に真剣な面持ちで銃声を響かせていました

今回の射撃大会で優秀な成績を収めた方は、来月、上伊那郡辰野町で開催される長野県全体の安全狩猟射撃大会に、地域代表として出場します

なお県の大会の上位者は、県の代表として中部ブロック大会出場することになります
ちなみに、長野県の代表は中部ブロック大会上位の常連です
県内の狩猟者の皆さんがまじめに訓練に取り組んでいらっしゃる成果かと思います

このブログのトップへ