信州ジビエ みなさん、鹿肉って食べたことありますか? 鹿肉をはじめとする野生鳥獣は、フランス語で"ジビエ"と言い、ヨーロッパでは高級・グルメ食材として親しまれています。 自然に恵まれた信州は、そんなジビエの宝庫。このブログでは、鹿肉を中心としたジビエのおいしさと魅力をつたえていきます。

信州ジビエ

みなさん、鹿肉って食べたことありますか? 鹿肉をはじめとする野生鳥獣は、フランス語で"ジビエ"と言い、ヨーロッパでは高級・グルメ食材として親しまれています。 自然に恵まれた信州は、そんなジビエの宝庫。このブログでは、鹿肉を中心としたジビエのおいしさと魅力をつたえていきます。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 信州ジビエ > ジビエレポート > ぴあん編 > フランス料理レストラン ラヴニール(安曇野市)

フランス料理レストラン ラヴニール(安曇野市)

ぴあんさんこんにちは、ぴあんです!

大鹿村で、おいしい鹿料理とたくさん出会いました。
今度は、鹿ではなく猪を食べることができるお店があると聞き、
早速おじゃましました!

安曇野にあるフランス料理のお店、レストラン ラヴニールさんです。
安曇野のエリアにあって、にぎやかな場所ではなく
あえて住宅街や畑のあるエリアにポツンとたたずんでいます。


ちょっぴり大人の空気を感じる店内。

否応なしに期待感が高まります(笑)


今回頂くのは、猪のロピー。

ロピーとはローストのことだそうです。


ラヴニールさんでは、冷凍のお肉は使わないそうで、
猪の肉も猟師である肉屋さんから直接仕入れているそうです。

私の勝手なイメージとしては、「鹿肉より硬くて臭みが強い」イメージがあります。
しかし、シェフのお話ですと、鹿よりもクセがなく食べやすい肉で、
脂もとてもおいしいのだそうです。
ですから、ハーブも香りの強いローズマリーなどは避け、
タイムでほんのり香りづけする程度でOKだそうです!

味付けもシンプルに塩コショウのみしたら、
表面だけ焼き、その後オーブンに入れて15分ほど焼きます。

取り出したら、アルミホイルをかぶせて予熱でもう少し火を通せば焼きあがり!

付け合わせの野菜は、シェフの畑で採れたものや、
なるべく地元産のものを使い、安心して食べられる物を提供している。
豪快に切った猪肉と、ソテーした野菜を盛り合わせ、
山ぶどうのソースを回しかけて完成!

早速、いただいてみました♪

ナイフを入れた時…若干、硬さを感じたものの、
口に入れるとその硬さを感じさせません。
何だか、不思議。
程よい硬さがある上、食べやすく、肉の味わいもきちんと感じます。
そして、ソースがまた絶妙です。
猪の骨からじっくり煮だしたフォン・ド・ボーに山ぶどうのジュースと山ぶどうを加えたソースは、
心地よい酸味があるさわやかなテイスト。

フルーティで、すっきりとしたソースです。
肉との相性が抜群に良いのです!
硬さも臭みもなく、とてもおいしかったです。
そして、シェフがおっしゃっていた脂はと言うと…
この脂身はさらっとしていて非常に食べやすい!
これはまた驚きました。
猪がこんなにおいしいとは…

猪のロピーは、アラカルトとして単品でいただける他、
コースの中の一皿としてチョイスすることもできます。
3月くらいまでの期間限定となります。
事前予約して来店することをおすすめします☆
(今回いただいたのは、アラカルトの一皿として3,900円)


フランス料理 RESTAURANT  L’avenir  (レストラン ラヴニール)
住 所  安曇野市穂高5761-7
電話/FAX  0263-81-3455
営業時間  11時30分~14時(ラストオーダー)
      18時~20時(ラストオーダー)
定休日  火曜日


Menu  ランチ1,500円~(土日祝1,800円~)、ディナー(コース)3,150円~

1 2

このブログのトップへ