信州ジビエ みなさん、鹿肉って食べたことありますか? 鹿肉をはじめとする野生鳥獣は、フランス語で"ジビエ"と言い、ヨーロッパでは高級・グルメ食材として親しまれています。 自然に恵まれた信州は、そんなジビエの宝庫。このブログでは、鹿肉を中心としたジビエのおいしさと魅力をつたえていきます。

信州ジビエ

みなさん、鹿肉って食べたことありますか? 鹿肉をはじめとする野生鳥獣は、フランス語で"ジビエ"と言い、ヨーロッパでは高級・グルメ食材として親しまれています。 自然に恵まれた信州は、そんなジビエの宝庫。このブログでは、鹿肉を中心としたジビエのおいしさと魅力をつたえていきます。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 信州ジビエ > 雑記帳 > 南アルプスでの鳥獣被害防除対策活動に参加

南アルプスでの鳥獣被害防除対策活動に参加

平成23年7月8日から9日にかけて、
南アルプスの仙丈ケ岳馬の背周辺において、
ニホンジカによる被害対策のための防鹿柵設置作業に、
参加してきました。(担当○)

今回の作業は、
林野庁、南アルプス食害対策協議会、環境省、ボランティア
の皆さんと連携、協力して、
南アルプス(仙丈ケ岳馬の背周辺)の貴重な高山植物を、
ニホンジカの食圧から守るための防鹿柵を設置でした。


担当○の作業内容は、下記のとおりでした。

「南アルプス馬の背周辺防鹿柵設置作業」用務のため、
7月7日から7月9日まで伊那市に出張しました。
その内容は下記のとおりです。


1 日程
  7月7日(木) 伊那市 仙流荘 泊
  7月8日(金) 6時 南アルプス林道バス営業所(仙流荘)集合 出発
          10時30分 馬の背ヒュッテ 作業開始
          13時 作業終了
          16時 高山植物等被害状況調査
          17時 懇談会         馬の背ヒュッテ泊
  7月9日(土) 6時30分 馬の背ヒュッテ 解散
          登山道ゴミ片付け、高山植物等被害状況調査
          14時 南アルプス林道営業所着

2 作業状況
 ・天候にめぐまれ、防鹿柵作業は順調。
   ポール設置は事前調査のおり大方終わっており、
   網の張りなおし、ポールとの結束、ペグの打ち直し等の作業を実施。

 ・設置した箇所は、高山植物が回復傾向。
   柵外との植生の違いは歴然。
 ・昨年に比べ、本年度の被害は少ないとのこと。
   柵外の食害が少ないようだ。
 ・北沢峠付近の針葉樹は食害されていた。
   山梨県側で逃げる鹿を目撃。
   下層植生も少ない。

3 状況の写真


7.8 北沢峠で出発式  各人自己紹介


7.8 馬の背ヒュッテ着 作業内容確認


7.8 ポールと網を結束


7.8 網を緊張して高さを確保


7.9 柵内と外の植生の違い 
(柵内に黄色の花が見える。ミヤマキンポウゲか)


7.9 環境省設置の柵(馬の背の尾根直下)


7.9 北沢峠 山梨県側試験地か


7.9 北沢峠 この奥にシカが逃げ込んだ


7.9 仙丈ケ岳山頂より馬の背を眺める

以上

このブログのトップへ