信州ジビエ みなさん、鹿肉って食べたことありますか? 鹿肉をはじめとする野生鳥獣は、フランス語で"ジビエ"と言い、ヨーロッパでは高級・グルメ食材として親しまれています。 自然に恵まれた信州は、そんなジビエの宝庫。このブログでは、鹿肉を中心としたジビエのおいしさと魅力をつたえていきます。

信州ジビエ

みなさん、鹿肉って食べたことありますか? 鹿肉をはじめとする野生鳥獣は、フランス語で"ジビエ"と言い、ヨーロッパでは高級・グルメ食材として親しまれています。 自然に恵まれた信州は、そんなジビエの宝庫。このブログでは、鹿肉を中心としたジビエのおいしさと魅力をつたえていきます。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 信州ジビエ > ジビエいろいろ > 長野県調理師会 料理コンクールで信州ジビエをPR

長野県調理師会 料理コンクールで信州ジビエをPR

 今日10月3日、千曲市上山田温泉のホテル圓山荘で「第51回長野県
調理師会 料理コンクール 長野大会」が開催されました。

 長野県調理師会は信州ジビエ研究会の事務局を担っており、今回の
コンクールでも、信州ジビエのPRを大々的にしていただきました。

 まずは、調理師会各支部の皆さんが考案したジビエ料理の展示には
20点ほどが並べられ、多くの方が足を止めて見入っていました。

 ずらり並んだジビエ料理はどれも本当に美味しそう。また、それ
ぞれの料理のレシピが自由に持ち帰れるようになっていたのも、い
いことだと思いました。

 これは「鹿スジ肉ののピリ辛煮」 日本酒に合いそうです。

 また展示会場とは別に試食コーナーも設けられ、信州ジビエの試食に
は長蛇の列ができました。

 味を確かめた方々からは「こんなに柔らかく、癖がないんだ!」と驚き
の声があがっていました。

 今回の試食には信州ジビエ研究会の理事で宮田村の「割烹 青葉」
の石澤幸男さんがさばいたシカが使われ、その見事な腕前によるとこ
ろが大きいと思います。

 

 信州ジビエのPRには、まずジビエの美味しさを知っていただくこ
とが第一だなあ、と痛感しました。

 長野県調理師会の皆さん、本当にお世話になりありがとうござい
ました。

このブログのトップへ