ほっと9(ナイン)ながの 長野で働くスタッフが、長野地域の9つ(ナイン)の市町村の「ホット」な魅力をご紹介!(長野市、須坂市、千曲市、坂城町、小布施町、高山村、信濃町、飯綱町、小川村) 私たちの日々の仕事の話、「ほっと」一息つける癒しの裏話、きっと役に立つ暮らしの豆知識、おすすめ絶品グルメ…などなど、ここでしか出会えない”ながの”のすがたをお見逃しなく!(旧「ほっとスタッフブログながの」)(写真:小川村 アルプス展望広場より)

ほっと9(ナイン)ながの

長野で働くスタッフが、長野地域の9つ(ナイン)の市町村の「ホット」な魅力をご紹介!(長野市、須坂市、千曲市、坂城町、小布施町、高山村、信濃町、飯綱町、小川村) 私たちの日々の仕事の話、「ほっと」一息つける癒しの裏話、きっと役に立つ暮らしの豆知識、おすすめ絶品グルメ…などなど、ここでしか出会えない”ながの”のすがたをお見逃しなく!(旧「ほっとスタッフブログながの」)(写真:小川村 アルプス展望広場より)

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > ほっと9(ナイン)ながの > その他 > 食品衛生監視員あるある~長野保健所獣医師の場合~

食品衛生監視員あるある~長野保健所獣医師の場合~

こんにちは。長野保健所 食品・生活衛生課 食品・動物衛生係です。

8月は食品衛生月間でしたが、みなさまはどのような夏を過ごされましたでしょうか。
私たちは、食品衛生監視員※(略して、『食監(しょっかん)』として、食品衛生業務に携わっています。みなさんに身近に感じていただきたく、今回は私たち食品衛生監視員あるある(長野保健所獣医師ver.)を紹介したいと思います。
※食品衛生法に基づいて、事業者に対する監視指導、食中毒の調査等を行う県職員。獣医師や薬剤師などの資格を持つ県職員の中から知事が任命し、保健福祉事務所、食肉衛生検査所等で業務を行っている。 

 

 


 

 

 


 

二次汚染が原因で家庭内でも食中毒が発生することがあります。みなさんも、包丁やまな板を使い分けしてみてはいかがでしょうか。
※二次汚染とは、食中毒菌やウイルスで汚染されている手や包丁、まな板等の調理器具で食品に触ることで、もともと食中毒菌に汚染されていなかった食品が汚染されてしまうこと。

 


 

加熱不足の肉を食べたことによる食中毒の発生が多くみられます。新鮮だから、いい肉だから生で食べてもOK!は、誤解です。食中毒を防ぐためには、生肉や加熱が不十分な肉の料理は食べないことが重要です。
また、肉や脂をつなぎ合わせた結着肉や挽肉、筋切りした肉、タレ等に漬け込んだ肉、牛や豚、鶏のレバーなどの内臓は、内部まで十分に加熱してから食べましょう。目安は、肉の内部の温度が75度で1分間以上加熱することです。
例えば、ハンバーグなら、竹串を刺してみて、肉汁が透明になり、中の赤身がなくなった状態になれば、加熱は十分です。

 


 

ちなみに、長野保健所では、1頭でも多くの犬猫が幸せになるよう、最後までかわいがって適正に飼っていただける方に譲渡を行っています。
興味のある方は、こちらをご覧いただくか、直接お問い合わせください(TEL026-225-9065)

 

このブログのトップへ

このブログや記事に関するお問い合わせ窓口

長野地域振興局 総務管理課
TEL:026-234-9500
FAX:026-234-9504