信州ジビエ みなさん、鹿肉って食べたことありますか? 鹿肉をはじめとする野生鳥獣は、フランス語で"ジビエ"と言い、ヨーロッパでは高級・グルメ食材として親しまれています。 自然に恵まれた信州は、そんなジビエの宝庫。このブログでは、鹿肉を中心としたジビエのおいしさと魅力をつたえていきます。

信州ジビエ

みなさん、鹿肉って食べたことありますか? 鹿肉をはじめとする野生鳥獣は、フランス語で"ジビエ"と言い、ヨーロッパでは高級・グルメ食材として親しまれています。 自然に恵まれた信州は、そんなジビエの宝庫。このブログでは、鹿肉を中心としたジビエのおいしさと魅力をつたえていきます。

レシピ05 鹿肉のそぼろいなり


鹿肉のそぼろいなり

■特色・ポイント
◇噛みしめると溢れるだしがうれしい、素朴な味わいの料理です。
◇クセを抑えた調理方法なので、ジビエ初心者でも楽しめます。


■材料 4人分
・鹿ひき肉 100g
・具材(A)
  キャベツ 4枚
  にんじん 1/4本
  しいたけ 2コ
  玉ねぎ 1/2コ
・すし揚げ 4枚
・生卵 4コ
・だし 800cc
・つま楊枝
・調味料(B)
  しょうゆ 60cc
  みりん 大さじ2
  砂糖 小さじ4


■栄養成分表示 (一人前当たり)
エネルギー 280kcal たんぱく質 20g


■つくり方
1 ひき肉を塩・コショウで薄味に炒めます。
野菜の具材(A)をみじん切りにして、同様に塩・コショウで薄味に炒めます。
2 すし揚げは上部を切って中を広げ、袋状にします。
すし揚げの中へひき肉と野菜の炒め物を1/3ほど詰め、生卵を崩さないよう割り入れます。
その上にひき肉と野菜の炒め物をさらに詰め、つま楊枝で袋の口を留めます。
3 鍋に2の材料とだし、調味料(B)を加えて約15分煮込みます。
時間になったら火を止め、そのまま置いて、だしをいなりに含ませます。
4 鍋から取り出し、半分に切って皿に盛り付けます。


PDFファイルはこちら(A4・1枚)

長野県 ・ (社)長野県調理師会

このブログのトップへ