信州ジビエ みなさん、鹿肉って食べたことありますか? 鹿肉をはじめとする野生鳥獣は、フランス語で"ジビエ"と言い、ヨーロッパでは高級・グルメ食材として親しまれています。 自然に恵まれた信州は、そんなジビエの宝庫。このブログでは、鹿肉を中心としたジビエのおいしさと魅力をつたえていきます。

信州ジビエ

みなさん、鹿肉って食べたことありますか? 鹿肉をはじめとする野生鳥獣は、フランス語で"ジビエ"と言い、ヨーロッパでは高級・グルメ食材として親しまれています。 自然に恵まれた信州は、そんなジビエの宝庫。このブログでは、鹿肉を中心としたジビエのおいしさと魅力をつたえていきます。

レシピ04 鹿肉と卵の煮込み


鹿肉と卵の煮込み

■特色・ポイント
◇家庭的な料理ですが、味わいには鹿肉らしさが生きています。
◇しょうゆ、バルサミコ酢、紹興酒が深い味わいを出し、煮卵もとても美味しくなります。
◇鹿肉はスジや膜のような部位を残して煮込むことで、牛スジのような食感が生まれます。
◇少ない水分でゆっくりと時間を掛けて煮込むのがコツです。


■材料 4人分
・鹿肉(ブロック) 400g
・エリンギ 100g
・玉ねぎ(みじん切り) 1/2コ
・にんにく(みじん切り) 1かけ
・ゆで卵 2コ
・調味料(A)
  バルサミコ酢 大さじ2.5
・調味料(B)
  しょうゆ 大さじ3
  紹興酒 大さじ2
  砂糖 大さじ2.5


■栄養成分表示 (一人前当たり)
エネルギー 180kcal たんぱく質 25g


■つくり方
1 鹿肉は1cm厚さの一口大に切ってサッと下茹でし、エリンギは2cmのぶつ切りにします。
2 鹿肉に軽く塩、コショウをして、フライパンで色が付くまで焼きます。
3 鍋でにんにく、玉ねぎをサラダ油で炒め、水2カップ、2の鹿肉、調味料(A)を加え強火に掛けます。
煮立ったらアクを取り、落しぶた、鍋のふたをして弱火で1時間30分煮込みます。
4 3にエリンギ、ゆで卵、調味料(B)を加え、さらに30分煮込みます。


PDFファイルはこちら(A4・1枚)

長野県 ・ (社)長野県調理師会

このブログのトップへ