信州ジビエ みなさん、鹿肉って食べたことありますか? 鹿肉をはじめとする野生鳥獣は、フランス語で"ジビエ"と言い、ヨーロッパでは高級・グルメ食材として親しまれています。 自然に恵まれた信州は、そんなジビエの宝庫。このブログでは、鹿肉を中心としたジビエのおいしさと魅力をつたえていきます。

信州ジビエ

みなさん、鹿肉って食べたことありますか? 鹿肉をはじめとする野生鳥獣は、フランス語で"ジビエ"と言い、ヨーロッパでは高級・グルメ食材として親しまれています。 自然に恵まれた信州は、そんなジビエの宝庫。このブログでは、鹿肉を中心としたジビエのおいしさと魅力をつたえていきます。

匂い物取引

酸っぱいニシンの缶詰は、雪の中で開缶したのだそうです・・・・・・

スウェーデンでは、水の中で空けるのだそうです

産業廃棄物状態ですよねww

さて、

先日、https://blog.nagano-ken.jp/gibier/note/190.html ←こちらでも、ちょこっと書きましたが

酸っぱいニシンのもう一匹

こちら→https://blog.nagano-ken.jp/oishii/

お届けしたときに、代わりにいただいたのが

こちら↓

黒にんにく

以前、横浜で御一緒した駒ヶ根市からの逸品です。

匂いそのものは結構あるのですが

その後は、食べた感じもその後の匂いも確かに違いました。

なんでも、乾燥させて作るのだそうですが・・・・・・・

美味しかったです。

と、

ここまで書いてて気づきました

にんにくの皮を剥いた後の写真無いぢゃん・・・・・・・

黒といよりは、焦げ茶の濃い色という感じで、ねっとりした食感で

食べた後、体がポカポカしました。

野生鳥獣肉は、薬食いという形で古くから日本でも広まっていました。

熊肉も、体がとても温まります。

昔から、色々な食べ物を色々と工夫して、体調を整えてきたのだな

と、感慨にふけりました。

このブログのトップへ