ほっとスタッフブログながの

長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 生身のスタッフによる血の通った顔の見える人間的なブログを目指しますので、お見逃しなく。

戸隠森林植物園は「クマ」が棲む森です!part2

林務課のSです(^^)/

戸隠森林植物園のクマ情報については、5月にもお知らせしましたが、最新情報をお知らせします


春先に頻繁に目撃されたクマは、クマの専門家(県でお願いしているクマ対策員)にも確認していただきましたが、昨年頻繁に目撃された子グマが成長したもので、人間の怖さを学習しないまま育ってしまたっため人間に対する警戒感が非常に薄い特殊な個体* のようです(そのため、人前に平気で出てきてしまい頻繁に目撃されることになったわけです 一部の関係者の間では「アホグマ」呼ばわりされています


* 知床や上高地などの保護対策が行き届いた地域で見られるようになってきており、「新世代ベアーズ」などとも呼ばれます


頻繁な目撃は先月に入ってひと段落したようです

しかし、もともとこの地域はクマが棲む森です
先日もサクラの木に登ってサクランボを食べているところが目撃されています

例年、クマの目撃は初夏にかけて増えます
森林植物園の入り口には注意看板と一緒に最近の目撃情報が掲示されています
(↓クリックすると拡大されます)

入園の際には、ぜひ確認してください

また、園内の「八十二森のまなびや(森林学習館)」では、クマ鈴の貸し出し、販売もしていますのでご活用ください
(↓クリックすると拡大されます)

豊かな自然の中にある戸隠森林植物園はクマが棲む森でもあります
来園の際は、十分な注意と準備をお願いします<(_ _)>

以下、前回の繰り返しになりますが注意事項です


クマとの事故を防ぐため、人間側が気をつけましょう!

園内を散策される際は

1 2

このブログのトップへ