ほっとスタッフブログながの 長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます! (写真:飯綱町 りんご畑) ★★ただ今、長野地域のおいしい果物情報を発信中!!★★ #ながの果物語り 

ほっとスタッフブログながの

長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます! (写真:飯綱町 りんご畑) ★★ただ今、長野地域のおいしい果物情報を発信中!!★★ #ながの果物語り 

手作業での稲刈りを体験しました ~姨捨の棚田9~

農地整備課のKDです。

9月26日(土)に棚田オーナー制度により、「姨捨の棚田」で稲刈りを体験しました。(前回の様子はこちら)

前日に結構な量の雨が降り、当日も心配でしたが、雨はほとんど降ることなく作業のしやすい天候でした。

手作業での稲刈りは、鎌(かま)で刈った稲の束を数本の藁(わら)で束ねておきます。

初めて稲を刈りましたが、前日の雨によって沼状態の田んぼに足を取られ、一歩動くだけで一苦労でした。

そのような状態で1束刈り終える頃に辺り一帯を刈り終えている達人もいて、そのスピードに驚きました。

娘は初めて見る稲に興味津々でした。

稲を刈ったら、稲架(はさ)という木の台に束ねた稲を掛けて乾かします。

総勢12名による手作業での稲刈りは、あっという間に終わりました。(ほとんどが我々親子を除く10名の皆様によるものです。)

棚田の頂上では藁で作られた小物などが販売されていて、稲刈りの良い思い出になりそうでした。

次回は脱穀です。お楽しみに。

 

姨捨棚田名月会のfacebookはこちら

姨捨の棚田「棚田貸します制度」の会員募集(千曲市農林課)はこちら

このブログのトップへ