ほっとスタッフブログながの

長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 生身のスタッフによる血の通った顔の見える人間的なブログを目指しますので、お見逃しなく。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > ほっとスタッフブログながの > 長野地域振興局 > 観光・商工業 > 大切な仲間とつくる、ふるさとのワイン 「坂城葡萄酒醸造株式会社」(いいね!インタビュー⑭)

大切な仲間とつくる、ふるさとのワイン 「坂城葡萄酒醸造株式会社」(いいね!インタビュー⑭)

2015年、千曲川流域の8市町村からなる「千曲川ワインバレー東地区」が、国のワイン特区に認定されました。
現在、この地域に、たくさんのワイナリーやヴィンヤード(ブドウを生産する畑・農場)が誕生しています。
坂城葡萄酒醸造株式会社の代表である成澤 篤人(なるさわ あつと)さんは、今年7月にワイナリーレストラン「Vino della Gatta SAKAKI(ヴィーノ デッラ ガッタ サカキ)」をオープンしました。
愛するワインを自分達の手で造ることにチャレンジしている成澤さんに、オープンしたレストランのお話や、起業に至るまでのお話をたっぷり聞いてきました!


代表の成澤 篤人さん

-はじめに、この場所にワイナリーを開設することになった経緯について教えてください。

私は以前から長野市で飲食店を経営していましたが、いつか地元である坂城町でワインを造りたいという思いがありました。
2011年に、同じくワイン好きの友人たちと、将来を見据えて実験的にワイン用ブドウを植えたところから、坂城町にワイナリーを作る計画がスタートしました。色々な方の御協力があり、初めて委託醸造でワインを造ったのが2015年です。
自社醸造のワインは早ければ今年の年末ごろ完成する予定ですが、ワイナリーで造ったワインを料理と共に楽しんでいただくワイナリーレストランとして、この「Vino della Gatta SAKAKI」をオープンしました

1 2 3 4 5

このブログのトップへ