諏訪を体感!よいてこしょ!! 諏訪地方の新鮮な話題を 私たち職員がお届けします。

諏訪を体感!よいてこしょ!!

諏訪地方の新鮮な話題を 私たち職員がお届けします。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 諏訪を体感!よいてこしょ!! > その他 > 北に帰れてよかったね!諏訪湖の鉛とコハクチョウの話・下~強い「のりこ」と帰ってきた「まあちゃん」~

北に帰れてよかったね!諏訪湖の鉛とコハクチョウの話・下~強い「のりこ」と帰ってきた「まあちゃん」~

千葉県にある「山階鳥類研究所」に問い合わせると、
その足環はのりこだということが分かりました。


(電波を送り続けたのりこ 諏訪湖白鳥の会 阿部正則さん提供)

しかも諏訪湖においてのりこは
くちばしの模様から「ぼけまる」の愛称がつけられ、
5年前から親しまれてきたコハクチョウだったのです。

その後のりこは10年余りにわたって
シベリアで生まれた幼鳥と共に諏訪湖に飛来し続けました。

のりこは日本に飛来する約6万羽の白鳥のうち、
飛行ルートを教えてくれた
最初のコハクチョウだったのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【鉛中毒元年】

しかし諏訪湖がのりこの飛来で沸き立った1990年は、
「鉛中毒元年」でもありました。

「諏訪湖白鳥の会」(白田正夫会長)によると
この年の12月3日、
同会は衰弱していた幼鳥を保護し
松本市アルプス公園に搬送しましたが、
手当の甲斐なく死亡しました。


(2019年に鉛中毒で死亡したコハクチョウ 諏訪湖白鳥の会 阿部正則さん提供)

同会がこの幼鳥を日本獣医畜産大学(現・日本獣医生命科学大学)
に送って解剖を依頼したところ、
鉛中毒による死亡の可能性が非常に高いと告げられ
関係者の間に衝撃が走ったのです。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13

このブログのトップへ