諏訪を体感!よいてこしょ!! 諏訪地方の新鮮な話題を 私たち職員がお届けします。

諏訪を体感!よいてこしょ!!

諏訪地方の新鮮な話題を 私たち職員がお届けします。

熊に出会った話1――危機一髪――

こんにちは林務課のM・Oです。

奥山で純白のアズマイチゲが笑みを見せ、
そば屋の店先では「山菜天ぷら」の文字が
躍る季節となりました。

どちらも凍てつく冬を乗り越えた
ご褒美のようなもの。

思い出すだけで幸せな気分になりますが、
実は花を愛し山菜に舌鼓を打つのは
人間だけではありません。

ツキノワグマもネマガリダケやフキノトウ、
セリなどの山菜が大好きなのです。

それに冬眠中にたまった宿便を出すため、
下痢・嘔吐の作用がある
ミズバショウを食べるとも言われています。
(ロシアの熊は、やはり宿便を出すため
海岸まで出かけてワカメなどの海藻を食べるそうですが)

このほか新緑前の山の中で
たおやかな白い花を咲かせるタムシバや、
ブナの若芽も好物です。
(だから、熊も花を愛しているのです。別の意味で…)

私の知人は春山で、
タムシバの大木に登って一心不乱に
花をほおばっているツキノワグマを
見たことがあるそうですが、
「あんな細い枝先までどうやって登ったんだ!」
というような場所で
「むしり食い」をしていたとのことです。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

このブログのトップへ