諏訪を体感!よいてこしょ!! 諏訪地方の新鮮な話題を 私たち職員がお届けします。

諏訪を体感!よいてこしょ!!

諏訪地方の新鮮な話題を 私たち職員がお届けします。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 諏訪を体感!よいてこしょ!! > その他 > 北に帰れてよかったね!諏訪湖の鉛とコハクチョウの話・下~強い「のりこ」と帰ってきた「まあちゃん」~

北に帰れてよかったね!諏訪湖の鉛とコハクチョウの話・下~強い「のりこ」と帰ってきた「まあちゃん」~

そしてそれから4年後の1994年(平成6年)、
諏訪湖では4羽のコハクチョウが鉛中毒で保護されるという
前代未聞の事態が発生しました。


(諏訪湖の氷上で休むコハクチョウたち 諏訪湖白鳥の会 阿部正則さん提供)

・・・・・

1994年(平成6年)11月4日、
まず成長のコハクチョウ(オス)が保護されました。

諏訪湖白鳥の会は、
前年に「環(かん)ちゃん」の鉛摘出手術を成功させた
安曇野市の獣医師・望月明義先生のもとに
コハクチョウを運びました。


(望月明義先生)

しかしそのとき既にコハクチョウの体温がかなり下がっており、
冷たくなっていました。

平熱が40度ほどである野鳥は、
体調が悪くなると体温が下がるのです。

手術をしても助からないと思われましたが、
同会の要望で鉛を摘出。

しかしコハクチョウはその後
死亡しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【諏訪湖のまあちゃん】

続いて12月7日には
のりこが連れてきた幼鳥(オス)が
諏訪湖ハイツの近くの横河川河口で、
家族から離れ衰弱しているのが確認されました。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13

このブログのトップへ