諏訪を体感!よいてこしょ!! 諏訪地方の新鮮な話題を 私たち職員がお届けします。

諏訪を体感!よいてこしょ!!

諏訪地方の新鮮な話題を 私たち職員がお届けします。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 諏訪を体感!よいてこしょ!! > その他 > 北に帰れてよかったね!諏訪湖の鉛とコハクチョウの話・下~強い「のりこ」と帰ってきた「まあちゃん」~

北に帰れてよかったね!諏訪湖の鉛とコハクチョウの話・下~強い「のりこ」と帰ってきた「まあちゃん」~

それを見ていた人が望月先生に言いました。

「先生、今降りてきた中の1羽が
 足環を付けていますよ」

そのコハクチョウは着水すると
「コーコーコーコー」と鳴きながら
望月先生に近づいてきました。

それは左足に足環をつけた
頭が少し黒い亜成鳥でした。

今、生まれて2年目の亜成鳥だということは、
去年は幼鳥だったということです。

しかも足環はふつう右足につけますが、
望月先生は昨年、左足に足環をつけたのです。

「これは、まあちゃんだ!」


(近づいてきたまあちゃん 望月明義先生提供)

どんどん近づいてくるコハクチョウの足環を見ると、
「No.0590」。
やはりまあちゃんの番号でした。

望月先生にとっては涙の再会だったそうです。

・・・


(美砂ちゃんの手術 望月明義先生提供)

望月先生はそれまでに計5羽のコハクチョウの
手術に成功していましたが、
シベリアから戻ってきたのはまあちゃんが初めてでした。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13

このブログのトップへ