諏訪を体感!よいてこしょ!! 諏訪地方の新鮮な話題を 私たち職員がお届けします。

諏訪を体感!よいてこしょ!!

諏訪地方の新鮮な話題を 私たち職員がお届けします。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 諏訪を体感!よいてこしょ!! > その他 > 北に帰れてよかったね!諏訪湖の鉛とコハクチョウの話・下~強い「のりこ」と帰ってきた「まあちゃん」~

北に帰れてよかったね!諏訪湖の鉛とコハクチョウの話・下~強い「のりこ」と帰ってきた「まあちゃん」~


(2019年に鉛中毒になったコハクチョウ)

諏訪湖白鳥の会は岸部に近寄り、
幼鳥に網をかけて捕獲。

袋に入れて車に乗せ、
望月先生の「どうぶつの病院」に運びました。

(高速道路を搬送中、ひもがほどけて幼鳥が袋から飛び出し、
車の中で大暴れしたそうです。
そのせいで車の中は白い羽と緑の糞だらけになったらしいです)

望月先生が幼鳥の体温を計ると、
まだ38.5度ありました。

それを見て望月先生が
「(今度のコハクチョウの)体温はまあまあだね」と言ったことから、
その幼鳥は「まあちゃん」と名付けられました。
(実際、車の中で大暴れするほどの体力はあったということです)


(保護された幼鳥まあちゃん 望月明義先生提供)

レントゲン写真を撮ると
胃の中に数多くの金属片があることが分かりまし。

そこで翌8日、
望月先生はまあちゃんに全身麻酔をかけて
筋胃(きんい)の下部を切る手術を行いました。

胃の中からは釣りの仕掛けの針金や鉛の小粒など
計12個の金属片が摘出されました。


(まあちゃんの筋胃から摘出された鉛おもりなどの金属片 望月明義先生提供)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13

このブログのトップへ