諏訪を体感!よいてこしょ!! 諏訪地方の新鮮な話題を 私たち職員がお届けします。

諏訪を体感!よいてこしょ!!

諏訪地方の新鮮な話題を 私たち職員がお届けします。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 諏訪を体感!よいてこしょ!! > その他 > 北に帰れてよかったね!諏訪湖の鉛とコハクチョウの話・下~強い「のりこ」と帰ってきた「まあちゃん」~

北に帰れてよかったね!諏訪湖の鉛とコハクチョウの話・下~強い「のりこ」と帰ってきた「まあちゃん」~

こんにちは。林務課のM・Оです。
今日は鉛中毒から蘇った
「諏訪湖のまあちゃん」の話をしますが、
その前にまあちゃんの母親であり
日本一有名なコハクチョウである
「のりこ」のことをお話しします。
(日本野鳥の会諏訪支部の林正敏名誉支部長から聞きました)

・・・・・・・・・・・・・・・・

(ギュギュと翼をきしませながら飛ぶコハクチョウ 諏訪湖白鳥の会 阿部正則さん提供)

【のりこの旅路】

まあちゃんを救護した1994年(平成6年)12月から
5シーズン前の1990年(平成2年)のことです。

(当時の)環境庁の「地球環境事業」の一環として
白鳥の渡り経路や繁殖地を特定するための
調査が行われることになりました。

「日本野鳥の会研究センター」や「日本白鳥の会」、
「山階鳥類研究所」、などによるプロジェクトチームが編成され、
4月10日に北海道の北端にあるクッチャロ湖で
4羽のコハクチョウを捕獲。


(諏訪湖から飛び立つコハクチョウ 諏訪湖白鳥の会 阿部正則さん提供)

そのコハクチョウの背中や首に
重さ80グラム長さ12センチの
小箱のような無線の発信機を取り付けました。

発信機は2カ月後には自然に落下する仕組みになっていて、
プロジェクトチームは
背中に発信機を「のり付け」したコハクチョウを
「のりこ」と名付けました。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13

このブログのトップへ