諏訪を体感!よいてこしょ!! 諏訪地方の新鮮な話題を 私たち職員がお届けします。

諏訪を体感!よいてこしょ!!

諏訪地方の新鮮な話題を 私たち職員がお届けします。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 諏訪を体感!よいてこしょ!! > その他 > 北に帰れてよかったね!諏訪湖の鉛とコハクチョウの話・下~強い「のりこ」と帰ってきた「まあちゃん」~

北に帰れてよかったね!諏訪湖の鉛とコハクチョウの話・下~強い「のりこ」と帰ってきた「まあちゃん」~


(力強く飛ぶつがいのコハクチョウ 諏訪湖白鳥の会 阿部正則さん提供)

のりこはその後、4月25日にシベリアめざして
クッチャロ湖を出発。

のりこが発信する電波は
米仏合同の気象衛星ノア9号と10号がキャッチし、
さらにそのデータを1分間に0.3秒の間隔で
フランス国立宇宙センターなど3ヶ所の施設が受信しました。

のりこの発信機は刻々とデータを送り続けました。

そして5月1日から9日までサハリン北部で過ごした後
シベリア東部を横断し、
5月22日には東シベリア海へ流れ込む
コリマ川の河口近くの湿原にたどり着きました。


(ツンドラ地帯で卵を温めるコハクチョウ 諏訪湖白鳥の会提供)

クッチャロ湖から3083kmも離れた
北緯68.6度のツンドラ地帯が
日本にやってくるコハクチョウたちの繁殖地だったのです。


(ツンドラ地帯で子育てをするコハクチョウ 諏訪湖白鳥の会提供)

結局、電波を送り続けたのは
4羽のうちのりこだけでした。

それから半年後の11月17日、
7羽で諏訪湖に飛来したコハクチョウの中に
「No.0586」の足環をつけているコハクチョウが
いることが確認されました。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13

このブログのトップへ