諏訪を体感!よいてこしょ!! 諏訪地方の新鮮な話題を 私たち職員がお届けします。

諏訪を体感!よいてこしょ!!

諏訪地方の新鮮な話題を 私たち職員がお届けします。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 諏訪を体感!よいてこしょ!! > その他 > 北に帰れてよかったね!諏訪湖の鉛とコハクチョウの話・下~強い「のりこ」と帰ってきた「まあちゃん」~

北に帰れてよかったね!諏訪湖の鉛とコハクチョウの話・下~強い「のりこ」と帰ってきた「まあちゃん」~

無事に北帰行しただけでも嬉しかったのに、
再び4000キロの旅をして戻ってきたのです。

一方、まあちゃんの両親であるのりことなみすけは
前日の11月12日、
いつものように諏訪湖に飛来していました。


(朝日を浴びて飛ぶコハクチョウ 諏訪湖白鳥の会 阿部正則さん提供)

それなのにまあちゃんは「住み慣れた」諏訪湖ではなく、
犀川にやってきたのです。

(鉛中毒から助けられたのは安曇野市だ
という位置関係を理解していたのでしょうか。
それとも河原に望月先生がいるのを見たので、
急遽御宝田に舞い降りたのでしょうか)

事実、御宝田のコハクチョウの群れの中で、
まあちゃんはやや孤立した様子だったそうです。

まあちゃんは御宝田で望月先生に再会した後、
5kmほど上流の犀川白鳥湖に移動して冬を過ごしました。

・・・・・・・・・・・・・・・


(沖合から静かに泳いできた諏訪湖のコハクチョウ 諏訪湖白鳥の会 阿部正則さん提供)

そのシーズンの1996年(平成8年)1月1日には、
前年1月に鉛中毒の手術を受けた後放鳥された
「美砂ちゃん」が諏訪湖に飛来しました。

美砂ちゃんは夫を連れての越冬でした。

その後1月22日には「ふじ」と名付けられたコハクチョウが
釣りの鉛おもりの摘出手術を受けました。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13

このブログのトップへ