諏訪を体感!よいてこしょ!! 諏訪地方の新鮮な話題を 私たち職員がお届けします。

諏訪を体感!よいてこしょ!!

諏訪地方の新鮮な話題を 私たち職員がお届けします。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 諏訪を体感!よいてこしょ!! > その他 > 北に帰れてよかったね!諏訪湖の鉛とコハクチョウの話・下~強い「のりこ」と帰ってきた「まあちゃん」~

北に帰れてよかったね!諏訪湖の鉛とコハクチョウの話・下~強い「のりこ」と帰ってきた「まあちゃん」~

そして翌シーズンの1997年(平成9年)11月、
まず「ふじ」が無事に諏訪湖に帰還。

続いて12月31日に「美砂ちゃん」が
幼鳥2羽を連れて諏訪湖にやってきたのです。


(幼鳥を連れてきた美砂ちゃん夫婦 望月明義先生提供)

鉛を摘出すれば片道4000キロの旅をし、
子育てをすることもできるということを、
これらのコハクチョウたちが証明したのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

【湖底の鉛おもり】

諏訪湖における鉛中毒の大量発生は
1994年(平成6年)のシーズンだけです。

「その年は渇水で諏訪湖の水位が例年よりも低かったため、
60~70cmほどの首をもつコハクチョウが
例年よりも沖合いで湖底の小石を摂取したのが
原因ではないか」と望月先生は分析しています。


(美砂ちゃんの筋胃から摘出された鉛おもり 望月明義先生提供)

しかしその後も諏訪湖での水鳥の鉛中毒は後を絶たず、
昨年までに12例が報告されています。

1999年(平成11年)にはミコアイサが鉛おもりで
中毒死しました。

2000年(平成12年)には
ホシハジロが鉛散弾による中毒で死にました。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13

このブログのトップへ