ほっとスタッフブログながの

長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 生身のスタッフによる血の通った顔の見える人間的なブログを目指しますので、お見逃しなく。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > ほっとスタッフブログながの > その他 > 北信五岳の一つ黒姫山に登りました~紅葉ver.~!!

北信五岳の一つ黒姫山に登りました~紅葉ver.~!!

長野保健福祉事務所のヤマキチです。紅葉狩りを目的に、6月に続き再度黒姫山に登りました。今回は単調ですが6月とは別ルートの黒姫高原から表登山道を使いました。(6月の黒姫山登山のブログはこちらです。)今年の9月と10月の3回ある3連休は、すべて台風が接近し、山はとても残念な天気となってしまいましたが、紅葉は待ってくれませんので、雲で覆われた黒姫山に登りました。

黒姫高原の町営駐車場に車をとめ、コスモス園の左手からスキー場を直登していきます。これが大変で、スキー場トップまで中々着きません。しかし、徐々に紅葉している木々を楽しみながら登ります。

(コスモス園)

(スキー場内のつる性の木にも紅葉が始まっています。)

(振り返り見える雄大な野尻湖と斑尾山。)

(スキー場トップは、紅葉が見ごろです。)

スキー場トップからは、ジグザグの登山道となり、視界がなくなります。台風で散ってしまった落ち葉を、サク、サクと踏みしめながら進みます。これが意外に気持ちよく、癒される感じです。

(落ち葉の登山道)

(やはり、白樺と紅葉の組み合わせはきれいです。)

ここで、望湖台に到着します。しかし、その名の通りにならず、野尻湖は見えません。さらに紅葉真っ盛りの登山道をジグザグ進み、大きな岩のあるこのルートの中間地点の姫見台に到着します。

(望湖台)

(ナナカマドの赤い実)

(紅葉真っ盛りの登山道)

(大きな岩で休憩適地の姫見台)

姫見台で一休し、時間を確認すると12時過ぎ、というのも朝方野暮用をを済ませ、10時半ころ登山をスタートさせたため、遅くなっています。それに加え、紅葉の写真を撮りすぎたためか。まだ、行程の1/4ですので、早めに休憩を切り上げ、ペースを速めます。越見尾根を黒姫乗越まで一気に登ります。

(なぜか、ブナの大木には引きつけられるものがあります。)

(越見尾根の下端、ここから急登が始まります。)

(黒姫乗越、外輪山の一角に到着です。)

黒姫乗越から外輪山上をたどり頂上へ向かいます。スキー場トップから樹林帯で視界がありませんでしたが、雲の多い中、時折遠くまで見通せます。しかし、足元には濡れた木の根が多く、滑らないよう気が抜けません。

(樹林越しに見える紅葉)

(大池も、チラッ、チラッと見えます。)

(七つ池は見えにくい。丸い山は小黒姫山。)

(足元の紅葉)

(外輪山上の紅葉は、こんな感じの場所が多い。)

そして、標高2053mの黒姫山の頂上へ到着します。遅いお昼を食べながら、雲が行き交う中、晴れ間を狙って写真を撮ります。

(黒姫山山頂、本日貴重な青空が現れた瞬間に撮りました。)

(稜線と遠く古池)

(稜線の落葉した木立)

(ナナカマドの赤い実と小黒姫山)

だいぶ時間が押していますので、14時過ぎに下山を開始します。今回は、周回することなく、往路をそのまま戻ります。途中の黒姫乗越あたりで、ガスの中に入ってしまいます。ところが、紅葉とガス(霧)が見せる風景はとても幻想的で、早めに下山をしようとしても、要所要所でつい写真を撮ってしまいます。

(黒姫乗越付近で見れた光芒)

(朽ちてコケで覆われた倒木も美しく見えます。)

(もみじの落ち葉を踏みしめる。)

(ブナの大木とガスガスの登山道)

(もみじの赤は目立ちます。)

(カラフルなもみじもきれいです。)

ガスがいよいよ濃くなり、薄暗くなると、とうとう雨が降ってきてしまいます。曇るレンズを拭きながら、撮影を続行します。

(薄暗い中、紅葉した大きなカエデが目立っています。)

(赤いもみじ)

樹林帯を抜け、スキー場に出ると、もう360度真っ白のホワイトアウト状態です。ゲレンデ上部は踏み跡がありますが、中ほどからはなくなり、ゲレンデの中を適当に下ります。スキーでは数分で降りれそうですが、単調な所を一歩一歩進むため時間が長く感じ、また急坂ですので足にきます。そして、コスモス園を横に見て、無事登山終了です。この日の黒姫山の紅葉は、頂上の標高2000m付近ではもう終盤で、標高1500m付近が見頃でした。紅葉は、どんどん下がっていきますので、見ごろを逃さないようにしましょう。

撮影:平成30年(2018年)10月8日

お問い合わせ先:長野保健福祉事務所 電話026-223-2131

 

このブログのトップへ