ほっとスタッフブログながの

長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 生身のスタッフによる血の通った顔の見える人間的なブログを目指しますので、お見逃しなく。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > ほっとスタッフブログながの > その他 > 北信五岳の一つ飯綱山に登りました~雪山ver.~!!

北信五岳の一つ飯綱山に登りました~雪山ver.~!!

長野保健福祉事務所のヤマキチです。今シーズンは降雪が遅く、スキー場は大丈夫とか色々と心配しましたが、長野地域でもやっと冬らしくなりましたので、長野市民の山、飯綱山に登りました。最近の冬山装備の普及のせいか、休日には結構な数の登山者を見ます。装備は前爪のあるアイゼンや軽アイゼン、スノーシューなど様々です。ヤマキチはアイゼンやスノーシューも持っていますが、今回は防寒長靴を装備?しました。この頃の登山道は凍結もなく、柔軟な長靴のソールが雪をしっかり捉えてくれるからです。

バードラインから飯綱山に雲がかかっているのが見え、若干モチベーションが下がりましたが、一の鳥居苑池駐車場に車とめ、出発です。

(一の鳥居苑池駐車場、9時頃の様子)

ちなみにこの日の飯綱高原の積雪は20~30cm位、飯綱山頂上で50cm~1m位です。登山道はトレースがしっかりついています。

(駐車場のちょっと上)

(登山口、狛犬の上に雪はありません。)

登山口からは、緩やかに登っていきますので、気持ちよくて快適!!ついペースが上がってしまいますが、ここは要注意、冬は汗をかかない程度のスピードで行動することが必須です。

(奥宮一の鳥居、体温調整のためここでハードシェルを脱ぎます。)

(一不動、ここから十三仏が現れてきます。)

(登山道、トレースはばっちり。)

休憩適地の駒つなぎの場に到着します。雪の多い時は雪崩を回避するため、ここから天狗の硯岩まで直登します。しかし積雪の状態を確認すると、まだ多層構造になっていない、降雪から時間が経っているなど、雪崩が起きる可能性はほぼないため、夏道を進みます。(ちなみに、直登の冬道のトレースもあります。)

(駒つなぎの場上の夏道)

(夏道から見上げる。積雪直後などは雪崩が起きる可能性のある危険な斜面。)

(天狗の硯岩)

天狗の硯岩の少し上で、ついに雲の中に入っていきます。また森林限界を突破し風が出てきますので、ここでハードシェルを着ます。

(太陽が隠れると急に寒くなります。)

(南峰への登り)

(西登山道を合流します。)

(鳥居)

そして、南峰へ到着します。想像はしていましたが、景色はなし。飯縄神社へ寄って、頂上(北峰)を目指します。

(飯縄神社、中に入って一休みします。)

(南峰の石仏、赤い色が目立ちます。)

そして頂上へ到着します。約20分の休憩時間にざっと12~3人位見ました。戸隠スキー場からスノーシューで来た団体もいます。暖かいコーヒーを飲み、昼食のパンを食べながら休憩していると、たまに雲が切れ、少々景色が見える瞬間がありますので、あわてて写真を撮ったりします。

(飯綱山山頂、青空が見えた一瞬を撮ります。)

(飯綱山山頂、方位盤がかろうじて見えています。)

(お隣の霊仙寺山、これも雲が切れた瞬間に撮ります。)

(戸隠牧場方面)

(頂上の石仏)

(北峰と南峰の間)

帰路は往路をそのまま戻ります。この日は残念ながら北アルプスなど、遠方の山々は見ることができませんでしたが、冬山のトレーニングとしてはまずまずといった感じです。

話は変わりますが、この日の2日後悪寒がして、一晩寝ても改善せず更に悪化したため診療所に行ったところ、インフルエンザA型に罹っていると診断されてしまいました。予防接種をしたためか高熱は出ませんでしたが、5日間も外出を差し控えるということになってしまいました。気管の奥からゴホンゴホンと出る咳から始まり、続けて悪寒、節々の痛み、夜布団に入っても寒くて寝れず、これはまずいと思い受診しました。とりあえず職場で感染源にはならなかったこと、また頭痛がひどくお酒がまずくて飲めず、めったにない休肝日を持てたのは良かったです。皆様もこのような症状が出ましたら、早めに対応しましょう。

撮影:平成31年1月13日

お問い合わせ先:長野県長野保健福祉事務所 電話026-223-2131

 

 

このブログのトップへ