ほっとスタッフブログながの

長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 生身のスタッフによる血の通った顔の見える人間的なブログを目指しますので、お見逃しなく。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > ほっとスタッフブログながの > 長野地域振興局 > 観光・商工業 > 気分は太公望! 戸倉上山田の千曲川河川敷で小中学生ニジマス釣り教室を開催しました!

気分は太公望! 戸倉上山田の千曲川河川敷で小中学生ニジマス釣り教室を開催しました!

こんにちは!農政課のライターMです。

 

釣りを通じて千曲市の戸倉上山田地域の活性化を図る「『釣ーリズム信州』千曲市戸倉上山田地域協議会」が、前週末の冬期ニジマス釣り場開設のオープニングイベントに引き続き、10月13日(土)に「小中学生ニジマス釣り教室」を開催しました。河川敷には釣り糸を垂らす親子ら数十人の姿がずらりと並び、風のない気持ちの良い晴天の下で、のんびり釣りを楽しんでいました。

昨年はルアー釣りのみの募集でしたが、この日は餌釣りもメニューに加えたほか、募集範囲を小学生高学年から小中学生に広げた結果、申込みの受付を始めて早々に、定員に達する盛況ぶりを見せました。

 

この秋一番の冷え込みとなった当日の朝、親子ら数十人が会場に続々と集まり、会場の河川敷の熱気は、気温の上昇とともに、いやが上にもぐんぐん上がっていきました。

 

開講式の後、釣りインストラクターの方が釣り竿の説明をはじめ、握り方や投げ方など、懇切丁寧に説明をしました。

ほとんどの参加者が釣りは初めてで、インストラクターの実演に合わせて竿を握りました。講師は「(SNS上でやり取りする)『イイね』の形で握って」などと、子供にも分かりやすく解説し、参加者は親子一緒になって熱心に話に耳を傾けていました。

 

更埴漁協関係者がニジマス90kg(400匹程度)を放流後、参加者がえさ釣り(11名)とルアー釣り(18名)で、エリア別に実釣を始めると、開始後10分程度で早々に魚を釣り上げる子供が現れました。

満面に笑みを浮かべ、「どうだい」とばかりに周囲にニジマスを誇らしげに見せ、傍で親御さんが温かく子供を見守る姿が見られました。全体的に餌釣りをしていた子供たちの釣果は良好で、1人で数匹釣っている「猛者」も現れるほどですが、餌釣りよりも一般的に難しいと言われるルアー釣りのエリアで釣りをしていた子供たちは、なかなか魚がかからずに苦戦していました。

 

 

 

 

 

1 2 3

このブログのトップへ