ほっとスタッフブログながの

長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 生身のスタッフによる血の通った顔の見える人間的なブログを目指しますので、お見逃しなく。

ながの・にいがたうみやまイラストマップ

こんにちは。
長野地方事務所商工観光課のえみフライです。

年末年始のお休みにはどこか遊びに行きましたか?
長いお休みであったにもかかわらず、今年はこたつでぬくぬくが多かったえみフライです。

日帰りでどこか行きたいなと考えた時、とりあえずある程度広範囲の地図を開いてこの辺どうかな?と観光スポットを見つけたりしますよね。
えみフライ、いつもは、まず長野県全体が載っているマップを開くのですが、北信にいると新潟県がとても近く、新潟県まで含めてどこへ行こうかと考えたりします。そんな時、やっぱり新潟県の地図も必要。

実は、まだあまり知られていませんが、昨年、長野県北部と新潟県上越地方を中心とした広域観光イラストマップが完成しました。その名も「ながの・にいがたうみやまイラストマップ」、通称「なにマップ」です。

表紙 なにマップ完成写真(圧縮)

表面は、山、グルメ、海・川、温泉など6つの項目ごと写真をたくさん使って地域の魅力を紹介し、裏面には、手書きのイラストマップ。イラストと簡単に言ってしまいますが、それぞれの地域を取材して、見たままの立体的なイラストを描いていく。そんな作業をコツコツ積み重ねてできたこのイラストマップ、見ているだけでも楽しいです。

マップ

このマップ、今年3月14日の北陸新幹線金沢延伸によって周遊可能な広域観光圏となるであろう新潟県上越地方と大北、長野、北信地域を1つのマップに掲載し、より行き来しやすくなる首都圏や北陸などからこの地域に来訪していただきたいな~と思って作ったものです。

海なし県の長野県ですが、このマップを見ると海も載っている。海は県内になくてもすぐそばには新潟県。海水浴もできるし、海の幸いっぱい。海で遊んだ後は山で遊ぶ。贅沢です!

海・川 山 里

次はどこへ行こうかな、今度はなにをしようかなと見ているだけでイメージが膨らんでくる、そんなマップなんです。実際、少しずつですが、これを見て今まで行ったことがなかったところへ行ってみたり、食べたことがなかったものを食べてみています。まずは、載っているものから制覇していきましょうか。

昨年、北陸や東京で配布してきましたが、これを見てたくさんの方々が長野を訪れてくれたらいいな~と思いました。
銀座NAGANOにも連れていきました。

12月22日 (28)

このなにマップ、県外での配布が多いので、なかなか長野県内では出会えないのが玉にきず。
ご興味のある方は、長野地方事務所商工観光課(026-234-9527)までご連絡ください。

みなさんにもこのマップを通してこの地域の魅力を感じていただけたらうれしいです

 

このブログのトップへ