ほっとスタッフブログながの

長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 生身のスタッフによる血の通った顔の見える人間的なブログを目指しますので、お見逃しなく。

平成25年度小さくてもキラリと光る取組み 9

 林務課です。

 平成25年度に行った「小さくてもキラリと光る取組み」事例を紹介しています。
 第9回目は「平成22年7月豪雨災害の復興(その後の状況)」です。



山地災害状況

1 災害の概要
  長野市南部の信更地区では、平成22年7月15日~16日にかけて発生した
 記録的、局地的集中豪雨(平成22年7月15日22時~16日22時の24時間降雨
 量115mm・2時間雨量104mm 雨量局:長野建設事務所信里局)により、
 地区内の複数箇所で山地災害(山腹崩壊、土石流等)が発生し、下部集落
 や耕地、県道等に甚大な被害をもたらしました。
  中でも、三水地区では10箇所の山腹崩壊により発生した土石流は下流の
 県道を越えて田畑を押し流し、民家をも倒壊させ土砂は犀川まで達しまし
 た。
  治山担当者は、翌日から現地調査に入り、約4ヶ月後には公共事業によ
 る災害復旧対策に着手しました。


2 復旧事業の導入 
  現地の被災状況を捉えて、効果的かつ確実な復旧を目指し、長野市、建
 設事務所などと連携して復旧対策を実施してきました。




  上の写真は、土砂流出により荒廃した小桜沢の上流部に土砂流出を防止
 するための谷止工を施工した状況です。
  本年も、この下流に谷止工1基を施工します。
  下の写真は、嫁池のすぐ上部、県道沿いの山腹が崩壊し、道路に土砂が
 流出した箇所です。   
  現在は、山腹工事により斜面が安定し、潅木などが育ちはじめて緑が
 蘇っています。


1 2

このブログのトップへ