ほっとスタッフブログながの

長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 生身のスタッフによる血の通った顔の見える人間的なブログを目指しますので、お見逃しなく。

春近し、眩しく輝く戸隠鑑池

3月15日に、長野県自然保護レンジャ-の合同巡視が戸隠鑑池で実施されました。
一緒に歩いた環境課のHです。

戸隠奥社参道入り口に集合したのは14人、大鳥居の前で準備をして、いざ出発。

奥社参道右側の林内を歩きました。履物は、人それぞれです。

途中、ミズナラの大木(樹齢500~600年ではないかとの、地元レンジャ-の話です。)の枝ぶりに皆で感銘しました。


随神門のところで、奥社参道を横切って鑑池へと進みました。参道は、多くの人が歩くので雪が踏みしめられ、この日も女性がブーツを履いて登って来ました。

鑑池からは、青空に戸隠岳や西岳の稜線がくっきりと浮かび、厳しい山稜が迫って見えます。
対照的に、鑑池は結氷して柔らかく輝く雪原となっています。

山々を見ながら、昼食休憩です。

出発地の戸隠奥社参道入り口に向けて、林間を思い思いに道を付けて帰ります。
暖かな日差しで、スノーシューが朝よりずっと沈みこむようになりました。春は、もうすぐです。

このブログのトップへ