ほっとスタッフブログながの

長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 生身のスタッフによる血の通った顔の見える人間的なブログを目指しますので、お見逃しなく。

平成25年度小さくてもキラリと光る取組み 8

 林務課です。

 平成25年度に行った「小さくてもキラリと光る取組み」事例を紹介しています。
 第8回目は「森林税を活用した身近な里山の利活用」です。



森林整備状況

1 背景
  身近な里山は、薪炭用材の伐採等を通じて地域住民の継続的な利用によ
 り、維持管理されてきました。
  しかし、生活環境の変化や化学肥料の普及等により、里山と地域住民と
 の関係が希薄になり、里山の荒廃が進んでしまいました。
  そこで、地域住民が里山の整備や利活用を自発的に行うことにより、持
 続的で健全な里山や森林の育成を図るものです。


2 取組み内容
  今回の取組みには長野県森林づくり県民税を活用した「里山利用総合支
 援事業」を活用し、里山の整備や利活用を行いました。
  
  市町村  須坂市
  事業主体 大日向桜・里地を守る会
  事業内容 遊歩道整備、森林整備、森林体験イベント
  事業費  306,767円
  補助金額 300,000円(上限300,000円)



森林体験イベント開催状況

3 結果
   森林整備を行うことで、身近な里山の景観整備が図られるとともに、
  地域住民自らが整備を行うことで、森林・林業に触れ合う機会の創出が
  できました。
   また、森林体験イベントの開催により、世代間交流が図られ、次代を
  担う子供たちへも身近な里山や木材、森林・林業への関心を持ってもら
  うことができました。

1 2

このブログのトップへ