ほっとスタッフブログながの

長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 生身のスタッフによる血の通った顔の見える人間的なブログを目指しますので、お見逃しなく。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > ほっとスタッフブログながの > 長野地域振興局 > 観光・商工業 > 地酒のすすめ ~日本酒番外編~ 天法酒造・坂井銘醸

地酒のすすめ ~日本酒番外編~ 天法酒造・坂井銘醸

こんにちは。商工観光課のタロッコです。

2月が本当にあっという間に終わってしまい、もう3月ですね。

いつの間にか寒さも和らぎ、お酒のイベントや蔵開きの情報が続々と届いています。

 

 

さて、今回は「日本酒番外編」と題しまして、ご紹介したいところがあります!

これまでのシリーズ8回は、すべて造り酒屋でした。

今回ご紹介する2蔵は、かつては醸造していましたが、現在は造りを休止しています。

しかし、お酒の「販売」は行っているそうなので、詳しくお伝えします。

 

まず、1蔵目は千曲市にある「天法酒造」です。

天法酒造 門

10年ほど前まで酒造りを行っていたそうです。

現在は、その当時のお酒「天法」をビン詰めして販売しています。

タンクに入った原酒を5℃の冷蔵庫で管理しているそうです。

 

蔵と長く付き合いのある酒販店にのみ販売しているようで、

なかなか出回りにくいお酒のようです!

 

10年ほど前に醸造されたお酒、うんっと気になりますね。

純米酒で、色が付きやすいため多少の変化はあるようですが

時を経て、お酒が熟成され「あまもっくり」になっているとのこと。

「あまもっくり」とは、この地域の方言で「まろやかなうまみ」という意味です。

女性向けのまろやかな味だと教えていただいたので、とっても気になります。

天法酒造工場

1 2 3

このブログのトップへ