ほっとスタッフブログながの

長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 生身のスタッフによる血の通った顔の見える人間的なブログを目指しますので、お見逃しなく。

地酒のすすめ3 西飯田酒造店

こんにちは。

ジムに通い始めて3か月、筋トレはサボり気味。

湯船とマッサージチェアは欠かしません!!商工観光課タロッコです。

 

 

さて、今回は「西飯田酒造店」をご紹介します。

 

西飯田酒造店は、長野市篠ノ井の小松原にある、江戸末期創業の酒蔵です。

大量生産をあえてさけ、手間をおしまず時間をかけた手造りの酒造りをしています。

 

今回お話を伺ったのは、社長の飯田 基さんと、息子さんで製造部長の飯田 一基さん(写真)。

飯田一基さん

代表銘柄「信濃光」の看板と、手に持っているのは「積善」。

この積善は、59醸 2ndシリーズのものです。

 

59醸とは、前回の 地酒のすすめ2 東飯田酒造店 で少しご紹介したのですが、

昭和59年生まれの跡取り息子5人のユニットです。

東飯田酒造店の隣にある、西飯田酒造店。

飯田 一基さんも59醸のメンバーとして活動されています。

2年前に発足した59醸は、毎年5つの蔵で統一コンセプトのもと、日本酒を発売しています。

 

一基さんが持っている59醸2ndシリーズとは、

・ 精米歩合 59%(!)

・ 長野県産 「ひとごこち」 使用

1 2 3 4

このブログのトップへ