ほっとスタッフブログながの

長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 生身のスタッフによる血の通った顔の見える人間的なブログを目指しますので、お見逃しなく。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > ほっとスタッフブログながの > 長野地域振興局 > 食と農業 > 高病原性鳥インフルエンザ防疫演習を開催しました!

高病原性鳥インフルエンザ防疫演習を開催しました!

こんにちは。農政課畜産担当Wです。

最近、めっきり寒くなり、鳥が渡ってくる時期になりましたね。コハクチョウなどは、冬の風物詩でもありますが、渡り鳥は鳥インフルエンザウイルスを持ち込む場合があります・・・鳥インフルエンザのうち、高・低病原性鳥インフルエンザは、鶏への感染力が高く、発生した場合は、近隣の他の養鶏場に感染が広がっていく危険性があります。そのため、万が一、養鶏場で発生した場合には、感染が広がらないよう、早急に殺処分等の防疫作業を行わなければなりません。今回は、管内養鶏場での発生を想定した訓練を、11月16日(月)に実施しましたので、その模様をお伝えします。

まずは、防疫作業員が集合基地に集まり、作業前に保健師の健康確認を行います。         健康状態に問題が無ければ、

防疫服を着ます。

第1装備完了!ここからバスで、仮設基地へ移動します。

仮設基地では、ゴーグル・マスク等の装備を行って、

最終形態へ

防疫作業のポイントは、『ウイルスを外に持ち出さない!』こと。身体等にウイルスが付着しないよう、がっちり防備します。防疫服は通気性が無いため、長時間の作業ができません。

着用後は、農場を想定し、模擬鶏を使って、捕鳥から殺処分までの防疫作業の流れを確認。

作業後は、農場から鳥インフルエンザウイルスを持ち出さないよう、全身を消毒し・・・

脱衣の練習。一つ一つ丁寧に装備を外していきます。

 

 

1 2

このブログのトップへ