ほっとスタッフブログながの

長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 生身のスタッフによる血の通った顔の見える人間的なブログを目指しますので、お見逃しなく。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > ほっとスタッフブログながの > その他 > 北信五岳の一つ飯綱山の登りました~紅葉ver.~!!

北信五岳の一つ飯綱山の登りました~紅葉ver.~!!

長野保健福祉事務所のヤマキチです。今年は、秋なのに雲が多く、すっきり晴れる日がありません。青空に映える紅葉を見れず、ちょっとストレスがたまり気味です。しかし、そんなことを思ってみても、相手は自然ですので仕方がありません。今回もあまり天気はよくないのですが、長野市民の山の飯綱山に登りました。(前回の4月の登山のブログはこちらです。)

時間の都合で、最短の南登山道を使うため、一の鳥居苑池の駐車場に車をとめ、登山のスタートです。別荘地を抜け、鳥居をくぐり登山道に入り、続いて奥の鳥居を通り登っていきます。次々と現れる13仏を見ながら進むと、色づく葉が多くなっていきます。

(登山道入り口、まだ緑が多い。)

(奥宮一の鳥居)

(色づき始めた登山道周辺。)

(普賢菩薩付近の登山道、落ち葉を踏みしめて進みます。)

(弥勒菩薩が紅葉に囲まれています。)

(薬師如来は、頭に落ち葉を乗せていました。)

紅葉がちょうどいい感じとなってきましたので、上を見たり足元を見たり振り返ったりと、紅葉を楽しみながら駒つなぎの場へ到着します。

(緑、赤、黄の組み合わせ。)

(虫食いの葉もきれい??)

(紅葉に包まれているような大きな木。)

(駒つなぎの場)

駒つなぎの場で一休した後、斜面をジグザグと登ります。この日は、このあたりの紅葉が見ごろで、登るほど葉が落ちて少なくなります。

(白い枝と紅葉がきれいです。)

(富士見の水場、帰りにコーヒー用として水1ℓを持ち帰りました。)

樹林帯を抜け西登山道を合流すると、景色がよいはずですが、この日は雲が多く、戸隠山や北アルプスなどを望むことはできませんし、色も今一です。

(ダケカンバと紅葉)

(南登山道の尾根(右)の紅葉)

(頂上近く、紅葉はほぼ終了しています。)

そして、飯綱山の南峰へ到着します。山頂部分は、ちょうど雲と同じ高さで、景色が見え隠れしています。続いて、標高1917mの北峰の飯綱山が山頂へ移動し、お昼休憩を取ります。

(方位盤と山頂標、ガスで景色はありません。「綱」と「繩」の両方が使われていますが、以前詳しい人から「綱」と教えてもらいましたので、そちらを使っています…)

山頂は風があり、じっとしていると体が冷えてきますので、写真を撮りながら南峰へ戻ります。

(北峰から南峰方面)

(南峰から北峰)

(赤い実2種類)

(南峰の飯綱神社横にある見頃のモミジ)

帰路は往路をそのまま戻って、登山終了です。もう少し天気が良ければと思いましたが、仕方がないです。写真は今一ですが、ブログにアップしてみました。

撮影:平成30年(2018年)10月14日

お問い合わせ先:長野県長野保健福祉事務所 電話026-223-2131

このブログのトップへ