ほっとスタッフブログながの

長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 生身のスタッフによる血の通った顔の見える人間的なブログを目指しますので、お見逃しなく。

政策研究の成果報告を行いました!

総務管理課Fです。

9月14日(木)、県庁講堂にて「政策研究」の成果報告が行われました。

政策研究1

政策研究は、希望する職員がグループごとに研究テーマを設定し、県政課題に対して政策を立案するものです。

長野合同庁舎各所からの5名でなるチームには、総務管理課からも若手の新鋭2名が参戦!

選んだテーマは、長野地域の空き家活用です。

今や、県内の5軒に1軒は空き家とのこと。

空き家活用が盛んである長野市門前や信更町、小川村などで調査を重ね、空き家活用のためには移住者と地域をつなげるコーディネーターの存在が不可欠!という結論に達しました。

コーディネーターを養成するための「空き家対策未来塾」の計画を発表したメンバー。

政策研究3

 

臨席したアドバイザーの方々からは、「コーディネーターという着目はよい」「空き家のマッチングにはボランタリーよりも専門性が必要では」等、厳しくも温かいご意見が出されました。

全11グループの研究成果のうち、高く評価されたものについては予算化等を行い、施策に反映されます。

評価結果は後日・・! 結果が待たれます。

発表が終わって少しホッとしたメンバーに、新聞社からの取材もありました(翌日の毎日新聞に掲載していただきました)。

 

 

 

このブログのトップへ