ほっとスタッフブログながの

長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 生身のスタッフによる血の通った顔の見える人間的なブログを目指しますので、お見逃しなく。

トンネル照明設備をLED化しました

農地整備課のKです。
今回は、県営農道整備事業で実施したトンネル照明設備工事について紹介します。

鎌田山トンネルは、北信濃くだもの街道の須坂市にあるトンネルです。
北信濃くだもの街道とは、須坂市・小布施町・中野市を結ぶ広域農道の通称で、
その名の通り、沿線にはぶどう・りんご・栗等が広がり、
いくつかのワイナリーも、人気スポットになっています。

照明設備は、273mのトンネル全長に対して、
ナトリム灯が155台設置されていましたが、老朽化したため、
今回の工事で、LED灯47台を設置することとなりました。

工事前(ナトリウム灯)

工事後(LED灯)


工事前のナトリム灯は光がオレンジ色に対して、
工事後のLED灯は光が白色になり、前方が見やすくなりました。

暖かくなったら、北信濃くだもの街道をドライブして、
地域のおいしい農産物や美しい景観を満喫してみてください。

このブログのトップへ