ほっとスタッフブログながの

長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 生身のスタッフによる血の通った顔の見える人間的なブログを目指しますので、お見逃しなく。

今日から狩猟が解禁です

林務課のSです(^^)/

今日、11月15日から狩猟が解禁になりました
長野県では2月15日までが狩猟のできる期間(狩猟期)になります
なお、シカとイノシシのワナ猟に限って3月15日まで延長されています(数が増えすぎて農業や林業、自然環境にまで被害が出ていることによる特例措置です)

狩猟期の初日(「初猟日」と言います)には、毎年恒例なのですが、関係者総出で地域の猟場をパトロールして、安全指導を行います
今回のパトロールは、警察、市町村、鳥獣保護管理員、地域振興局林務課の25班体制、総勢115名です
これ以外に別途、各地域の猟友会役員の皆さんも巡回して、安全指導に当たっています


パトロールは、夜明け前の暗いうちに集合し、夜明けとともに出発します(国内では、日没から夜明けまでの時間帯の猟銃の発砲は違反です

まずは、千曲川に沿ってパトロールします
天気はうす曇り、ぽつぽつと雨も(-“-)


狩猟者は誰もいません……銃声も全く聞こえません……
鳥は……カモが2羽、キジが1羽(-_-;)

次は市街地を抜けて山の方へ向かいます

こちらのため池には20、30羽のカルガモがいましたが、周辺は住宅地で対岸には墓地もありますので、狩猟は禁止です
カルガモもノンビリと泳いでいました(-_-;)

更に山の方に

飯縄山のすそ野に広がるため池です
雲が晴れてきて、奥のほうに飯縄山も顔を出してきました( ^^)
ため池は改修中で、水面が狭くなってしまっていますが、カルガモやコガモが数十羽(^^)/
でも狩猟者は誰もいません(T_T)

結局、一人の狩猟者にも出会うことなく、(安全指導もできずに)本日のパトロールは終了しました
ウィークデイだったこともありますが、近年の狩猟者減少のせいもあるかもしれません
狩猟は個人の趣味ではありますが、野生鳥獣に人の怖さを学習させるという重要な役目もあります

1 2

このブログのトップへ