ほっとスタッフブログながの

長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 生身のスタッフによる血の通った顔の見える人間的なブログを目指しますので、お見逃しなく。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > ほっとスタッフブログながの > 長野地域振興局 > 農業用水・農村整備 > 北アルプスを望む“塩本の棚田”(信州棚田カードNo.2)

北アルプスを望む“塩本の棚田”(信州棚田カードNo.2)

農地整備課の2Hです。
信州農産物が当たる「棚田スタンプラリー」も応募締切の11月12日(月)<当日消印有効>まで、あと10日ほどとなりました。
「棚田スタンプラリー」と「ため池スタンプラリー」全16箇所のコンプリートに向けて、ラストスパートです
毎日、続々と全16箇所をコンプリートしたハガキが届いています

今回は「塩本の棚田」を目指して、国道19号を長野から松本方面へ向かいました。
信州新町の市街地にある信号(新町)を左折し、県道12号(主要地方道丸子信州新線)に入ると、犀川を渡る橋(新町橋)がありました。


流れがとてもゆっくりで、湖を眺めているようでした。
ここから「塩本の棚田」まで2kmくらいです。


塩本の棚田」までの道は狭いので、運転に気を付けてください

棚田からは、信州新町の市街地や北アルプスが一望できました。


来年の田植に向けて、耕耘されていました。


続いて、信州棚田カードの配布施設「信州不動温泉 さぎり荘」を目指し、再び国道19号を松本方面へ向かいました。
長野市大岡甲にある信号(川口)を右折し、県道393号(小島信濃木崎停車場線)を進むとさぎり荘がありました。


さぎり荘は、犀川のほとりに位置する温泉宿で、マレットゴルフや川遊びが楽しめます。
日帰りでの入浴や食事、宴会も可能で、信州新町の名物「ジンギスカン」をいただくことができます。
レストランの営業時間:11時~15時、17時~20時
日帰りでの入浴時間:10時~21時(大人510円、子供200円(5歳~11歳まで))

「信州不動温泉 さぎり荘」のホームページはこちら

1 2

このブログのトップへ