ほっと9(ナイン)ながの 長野で働くスタッフが、長野地域の9つ(ナイン)の市町村の「ホット」な魅力をご紹介!(長野市、須坂市、千曲市、坂城町、小布施町、高山村、信濃町、飯綱町、小川村) 私たちの日々の仕事の話、「ほっと」一息つける癒しの裏話、きっと役に立つ暮らしの豆知識、おすすめ絶品グルメ…などなど、ここでしか出会えない”ながの”のすがたをお見逃しなく!(旧「ほっとスタッフブログながの」)(写真:信濃町 黒姫山の冬)

ほっと9(ナイン)ながの

長野で働くスタッフが、長野地域の9つ(ナイン)の市町村の「ホット」な魅力をご紹介!(長野市、須坂市、千曲市、坂城町、小布施町、高山村、信濃町、飯綱町、小川村) 私たちの日々の仕事の話、「ほっと」一息つける癒しの裏話、きっと役に立つ暮らしの豆知識、おすすめ絶品グルメ…などなど、ここでしか出会えない”ながの”のすがたをお見逃しなく!(旧「ほっとスタッフブログながの」)(写真:信濃町 黒姫山の冬)

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > ほっと9(ナイン)ながの > 長野地域の【食】 > 【信濃町】飲み口爽やか!!ヨーグルトのお酒

【信濃町】飲み口爽やか!!ヨーグルトのお酒

みなさんこんにちは。日本酒大好き商工観光課のYです。今回は、全国的にも珍しいヨーグルトのお酒を造っている蔵元、高橋助作酒造(信濃町古間)をご紹介します。(高は正しくはハシゴの高)

この「ヨーグルトのお酒」は10年ほど前、県産の素材で何か新しいお酒を造れないかと考え、地元黒姫高原産のヨーグルトと合わせたリキュールを開発したのが始まりだそう。その名も「信乃大地」(しなのだいち)。

このほかにもりんごのお酒(名称は同じく信乃大地)も販売しています。日本酒づくりは酒米の種類、精米歩合、温度管理、洗米時間など、出来上がりをイメージしながら作業を進めていきますが、このお酒はヨーグルトと日本酒のバランスを考え、構想から開発に約1年かかったそうです。

現在はヨーグルト製造設備の不具合により製造できず、3月上旬出荷再開予定とのこと。・・・・ざ、残念。。。

さて、この日は県工業技術総合センターによる「酒造巡回技術相談」が行われており、よりおいしい日本酒を作るための蔵人さんとセンター研究員で技術検討をされていました。

今年の新酒は、「雑味が無く、キレイでフレッシュな味、出来栄えは非常に良い」とのこと。

昨夏は猛暑の影響で米の作柄に影響が出ましたが、蔵人の精魂込めた仕込みのおかげでおいしい日本酒に仕上がりました。地元産の酒米「山恵錦」で醸した銘酒「松尾」「戸隠」をご賞味くだいさませ

 

(株)高橋助作酒造店

上水内郡信濃町古間856−1

026-255-2007

 

このブログのトップへ

このブログや記事に関するお問い合わせ窓口

長野地域振興局 総務管理課
TEL:026-234-9500
FAX:026-234-9504