ほっとスタッフブログながの 長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 生身のスタッフによる血の通った顔の見える人間的なブログを目指しますので、お見逃しなく。(写真:飯綱山 初冠雪)

ほっとスタッフブログながの

長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 生身のスタッフによる血の通った顔の見える人間的なブログを目指しますので、お見逃しなく。(写真:飯綱山 初冠雪)

松代で「箱膳体験」してみませんか?

皆様こんにちは、商工観光課T澤です。

めっきり寒くなってきましたが、まだまだ食欲の秋を楽しみたい!!長野市松代における伝統文化体験「箱膳体験会」をご紹介します♪

今回の記事は思いっきりご飯。読むときっとおなかが空きますので、我慢がつらい方は読んではいけません!準備はいいですか?


それでは「箱膳」、ご紹介させていただきます。

箱膳とは、江戸時代から60年程前の戦後あたりまで、一般家庭で広く使われてきた食器を仕舞っておく箱のことを言います。食事の際は上蓋を返し、膳として食器を並べられるようになっている優れもので、食事をしないときには箱自体を机代わりにしたり、台として日常に使用する等、人々の生活の一部として使われてきました。

「箱膳」を味わうということは、松代に息づく人々の暮らしをそのまま体験する、ということなのですね。

会を主催するのは地元・松代町の有志(ボランティア)の集まりである「松代箱膳の会」の皆さん。まず松代のまちをご案内いただき、松代ゆかりの真田家や松代七福神等にまつわる講義を聴いて、松代の文化や歴史について学びます。

紙芝居によるお話を聞いたり、松代の街並みを歩きながらお寺やお墓、お地蔵さまをめぐると、現代の忙しい時間から離れてノスタルジックな気分になってきます。

箱膳1箱膳11


 

箱膳体験会の会場である「寺町商家」からして市の文化財ですから、松代の文化をこれでもか!と味わい、そして歩いてお腹が空いた頃…。

部屋に入ると、ずらりと部屋いっぱいに並んだ人数分のお膳。食事は、おなかを満たすだけでなく、家族や友人との大切な交流の場であるとの思いから、参加された皆様を家族と見立てて一緒に空間を味わうため、このような配置にしてあるのだそうです。いただきますのご挨拶をした瞬間、皆の心が一つになりました。

 

さぁ!ごはん!!

 

鯉のうま煮、ご飯にみそ汁、やさいのふき寄せ煮、白あえ、香のものがまず箱膳に並びます。

箱膳5

 

 

 

 

 

 

 

主菜の一つ鯉のうま煮は、なんとこの会の皆様が前日6時間かけて煮込んだ心づくしの賜物。小骨をほとんど気にすることなく、ほろほろと口の中で甘く崩れる鯉の身は感動の一言でした。

実は私自身は鯉が苦手で、食べる前はちょっぴり苦手意識を持っていたのですが、一口食べてみて驚きました。土臭さ、生臭さは全然なく、甘さにご飯がすすむすすむ。

お代わり自由のご飯は初め少なめに盛られており、お代わりに菊ご飯をいただくという嬉しい仕掛け♪お味噌汁はご飯のおかずになるくらい具だくさんで、こちらもお代わり自由でした。

そして私が一押ししたいのは白和え!!!なめらか~な口当たりに、ほのかに感じる味噌とくるみの風味がしめじと柿とブロッコリーと相まって絶妙。思わずお隣の方と、「作り方が知りたいですね~!」と叫んでしまいました。

続いて大皿から取り分ける「とりまわし」と呼ばれるお料理が次々と。一品一品が本当に心を込めて作られた料理で、食べる方もしみじみとその美味しさを味わいながらいただきました。

箱膳6

箱膳8

 

 

 

 

 

 

食事をしながらも、ただ黙々と食べるだけではなく、食文化についての講義が語られます。

栄養を取るだけでなく、家族の大切なだんらんの時間でもあり、昔からの文化やマナーを受け継ぐ教育の場でもあり、旬のものをいただく楽しみの場でもあり…会を主催している白石芳久さんと指南役の池田玲子さんの講義に、ふんふん、とうなづくこともあれば、お二人の掛け合いに笑ったり、お腹だけではなく、頭も心も満たされていきました。

箱膳9

 

 

 

 

最後には香の物のたくあんを一切れのこして、お湯を注いだお茶碗の粘り気をぬぐってお茶碗まできれいにする。これも食べ物を最後の最後まで味わい、洗う人の手間を減らす文化体験。

食後にはお茶にお菓子をいただきながら、作り手の皆様と歓談するという楽しみもあり、参加者の方は料理の作り方を聞いたり文化について尋ねたり、思い思いの交流を楽しんでいました。

交流が終わり、さぁいよいよこれで終わりかと思ったところで「箱を開けてみてください」とのお言葉が…

箱膳10

 

 

 

 

 

開けた中には松代の地元お菓子が!箱を開けた瞬間、宝物をいただいたような気持になり、心づくしのおもてなしに心もお腹もたっぷり満たされました。

 

この箱膳の会、次は11月25日に開催予定です(^^♪ 来年も実施予定ですので、興味を持たれた方はぜひ参加してみてください!

主催:松代箱膳の会 白石芳久さん 090-2761-3674

申込先:「寺町商家」026-214-5013

料金:2,500円(税込)

時間:午前11時~午後1時頃

集合:長野市松代支所駐車場

 

 

LINEで送る

このブログのトップへ