信州森林づくり応援ネットワーク

あなたにちょうどいい森林との付き合い方を探す場所、それが「信州・森林づくり応援ネットワーク」です。楽しみ方を発見すれば、森林との距離はグッと縮まりますよ。信州には、森や山などの自然に魅了されている多くの人がいます。そんな人々が、きっかけのほしいあなた、つながりを求めているあなた、スキルアップしてみたいあなたをご案内します。信州の木を使った取組の話題もありますよ。

ナバさんと遊ぶ三時間

林業総合センター指導部です

平成27年度から長野県で進めている「信州やまほいく」。今年度から新しい5カ年のスタートとなった森林づくり県民税でも、「信州やまほいく」への支援が始まることになりました。
私たちの長野県林業総合センターにある森林学習展示館は、子どもたちが森林に親しむためのフィールドとしても活用されており、ここ数年は「信州やまほいく」の認定を受けた保育園の園児が毎月のように遠足に訪れるなど、子どもたちの活動の場としても評価をいただいておりました。
とはいえ、広い長野県ですので、こうした場所があることをご存じないという方も多く、今年度の「森の勉強会」では「森の保育園を学ぼう」と題し、子供たちと森の中で楽しむ活動を行っている方々を講師に開催することとしました。
N01








その第1回は6月30日。
岐阜県森林文化アカデミーで環境教育の指導を行う准教授として活躍されているだけでなく、学内に子供たちと遊べる「プレーパーク」を開設、さらには地元のお母さんたちと一緒に「自然保育」を実践しているという「ナバさん(萩原裕作さん)」をお迎えしての出前プレーパーク。
N02












梅雨明け宣言が出された直後と言うことで、好天に恵まれたこともあり、室内であいさつを済ませたのち、早々に野外へ。

外に出ると子供たちは目を輝かせて、松ぼっくりを拾ったり、木の棒を握ったりと大はしゃぎ。
N03












そんな子供たちを観ながらナバさんは「子供たちは勝手に遊んでいるのでそれを見るのが私たちの仕事」と子供たちに何の指図もせずに、シートを広げて参加者が車座になって自己紹介。
N04












自己紹介が終わると、まずは子供たちが興味を持って触っていた木の棒に注目。
ナバさんは、「腰の高さくらいの棒を各自一本ずつ探してみよう!」
と棒を持って活動開始。
「みんなで円になって棒を立て、一斉に隣の棒をつかんでみよう!」と大人がガヤガヤと楽しそうに動きはじめると、離れて遊んでいた子供たちが寄ってきて、円の中に入ってきた。
N05










ここでナバさんが「子供に何かしましょう!と提案するのではなく、楽しければ子供は勝手に混じってくれます。」とひとこと。
気がつけば、童心に帰り始めた大人と、子供が一緒になってわいわいガヤガヤ。
参加者からは「昔、こんなことをして遊んだなあ」という声が聞こえると、「その記憶を呼び戻すことが大切。それが子どもとの遊びのポイント」とのこと。
N06













「誰かが一方的に教えたものはおもしろくない。お互いに教えあって、工夫することでおもしろくなる」ということから、ナバさんが「棒の使い方で何かありませんか?」と提案。
参加者から、「家」との声が出たので、突然のように「妖精のおうち」づくりがスタート。
N07












妖精のおうちといいながら大人も入れるような家を作ったところには、
大人の妖精?や子供が入って楽しんでいました。
N08












さらには斜面を利用した「ころころと転がるゴルフボールコース」の制作。
N09
















山の斜面に溝を掘って、ボールが転がるように工夫して創る親子の他、
加速を押さえながら距離を伸ばせるように傾斜を調整してコースづくりに励む真剣な大人など、個性たっぷり。
N10
















完成後の走行会では、子どもたちが楽しそうにボールを転がし、それを大人たちが一喜一憂する姿が見られました。
N11
















こうした作業の合間を縫って、ナバさんは木にロープを巻き付け、一気にロープ渡りのコースを作製。
N12













真剣なまなざしでロープ渡りに興じる子どもたちをみていると、時間を忘れて楽しむことができました。

ここまで楽しくなると、子どもたちの活動に終わりというのが難しくなってしまいます。
まだまだ!と思っていた子供たちの心を静めてくれたのが、
ゴロゴロという音を響かせた遠雷。

「雨が降ると大変だから終わり!」

ということで、なんと時間通りに終了。
最後は、天気にも恵まれた一日となりました。
Nlast













森の保育園をテーマとした平成30年度の「森の勉強会」は、このあと11月14日(水)と1月26日(土)の2回開催します。
今回参加できなかった皆様も、興味があればぜひお越しください。

〈本件に関するお問い合わせ先〉
林業総合センター指導部
TEL:0263-52-0600
FAX:0263-51-1311
メール:ringyosogo@pref.nagano.lg.jp

LINEで送る

このブログのトップへ