ほっとスタッフブログながの

長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 生身のスタッフによる血の通った顔の見える人間的なブログを目指しますので、お見逃しなく。

狩猟期が始まりました(^-^)

林務課のSです(^^)/
朝晩が本当に寒くなってきて、そろそろ冬です
冬といえば、秋の実りをたっぷり食べて脂ののった野生鳥獣の旬、それに合わせて狩猟期が始まります

11月15日から2月15日(ワナ猟のみ3月15日)までが「長野県の」狩猟期です


「長野県の」としたのは、近年、シカやイノシシの生息数増加を抑えるため、期間延長をする県があり(長野県の「ワナ猟のみ3月15日」もそのためです)、各県バラバラになってきているからです
他県で狩猟される方は事前の確認をお願いします(昔は北海道だけが違っていたんですが……)


狩猟期の始まる日(「初猟日」と言います)には、例年、安全狩猟のためのパトロールを行います
長野地域では、警察署単位(4署ありますので)で4つに分かれ、警察、鳥獣保護管理員、地域振興局の職員等の総勢100人程で猟場を回ります
私が参加したのは、千曲署管内の旧更埴市東側を担当する班です(千曲署管内だけでも8班あります)

まず夜明け前の千曲署に集合です

日の出前は寒いので完全防備で着膨れ状態です

銃による狩猟は日の出から日没までの間しかできません(違反は即逮捕です)ので、日の出に合わせてパトロールを始めるため、集合は日の出前になります

本来であれば、初猟日の早朝は千曲川沿いの水鳥猟がメインのパトロールになるのですが、今年は先ごろの増水で河川敷の草木が流されてしまい、ガンやカモはいそうにないことから、全域を見渡すことができる高台へ向かいます
目指せ上田市境の稜線(鏡台山と五里ケ峯の間の峠へ向かいます)



朝焼けを見ながら耳を澄ましますが

遠くで銃声が一発きり……隣町でしょうか

その後、一応、千曲川沿いもパトロールしましたが……


こんな状況では狩猟者さんも来ませんよね
平日だということもあるかもしれませんが……

1 2

このブログのトップへ