ほっとスタッフブログながの

長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 生身のスタッフによる血の通った顔の見える人間的なブログを目指しますので、お見逃しなく。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > ほっとスタッフブログながの > その他 > ~森林を活用した学校教育活動~ スクール・フォレストワークショップを開催しました

~森林を活用した学校教育活動~ スクール・フォレストワークショップを開催しました

林務課普及係の渡辺です。

9月30日(月)林務課と北信教育事務所のコラボレーションによる「スクール・フォレストワークショップ」を開催しました。

この企画は、長野県の豊かな森林環境を教育に有効に利用することが目的です。特に学校林(スクール・フォレスト)等の自然環境を学校教育に活用したいけど、どうやればいいの??という悩み対して、情報や意見を交換する中でヒントを見つけていただきたい!!と思っています。

当日は、学校関係者、林務担当者、NPO関係者、林業関係者など様々な方にお集まりいただきました。

 

野外教育の第一人者、信州大学理事・副学長の平野吉直先生による基調講演。

平野先生は「自然体験活動によって生きる力は向上する、と信じています。」と述べられました。

日々忙しさを増す学校現場で、自然体験活動をどのように位置づけていくかを熱心に研究されていて、深く考えさせられました。

 

西条小学校5年生のみなさんによる活動報告。

    

プレゼンテーションの後は、西条小学校で間伐材等を利用して作られた「森ンピック」を再現していただき、参加者全員で楽しみました。

  

平野先生も輪投げに挑戦!

 

昼食の後は、会場でもある長野西高等学校中条校の活動発表です。

中条校は学校の裏が学校林なので、いろいろな活動を行っています。学校で育てたカブトムシを道の駅で子どもたちに配る活動は、個人的に非常に興味を持ちました。

 

    

第2部は、信州アウトドアプロジェクト代表の島崎先生によるワークショップを行いました。

中条校学校林へ出かける前に、グループの結束を固めます。

  

1 2

このブログのトップへ