ほっとスタッフブログながの

長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 生身のスタッフによる血の通った顔の見える人間的なブログを目指しますので、お見逃しなく。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > ほっとスタッフブログながの > 長野地域振興局 > 農業用水・農村整備 > 晩夏の ”針ノ木池”(信州農業資産カード 長野 No.5)

晩夏の ”針ノ木池”(信州農業資産カード 長野 No.5)

農地整備課の2Hです。

小雨の降る中、信濃町にある「針ノ木池」に行ってきました。
ため池が築造された年代は不明ですが、江戸時代からあるようです。
貯水量は54,000m3に及び、10haの農地を潤しています。

この季節、天気が良ければ、こんな景色を眺めることができます。
水面に映る緑の木々や青空、雲がきれいです。

ため池の水で育った稲は、穂が垂れていました。
収穫まで、もう一息です。

次に、信州農業資産カード「針ノ木池」と、農業資産スタンプラリーのスタンプをもらいに「野尻湖ナウマンゾウ博物館」へ向かいました。

 ルート案内図こちらから(PDF)

野尻湖ナウマンゾウ博物館は、50年以上続けられている「野尻湖発掘」の成果や、約5万年の昔から現在に至るまでの、野尻湖周辺の自然環境を研究・展示している施設です。
発掘された化石をもとにした実物大のナウマンゾウとオオツノジカの復元像が展示されており、骨器や石器の資料、実際に化石にふれることができるコーナーがあります。
また、石器作りなどの体験ができる学習会も開催しています。

  野尻湖ナウマンゾウ博物館のホームページはこちらから

実物大のナウマンゾウは迫力満点です
ナウマンゾウの鳴き声を聞くことができます。

信濃町まで来たので、旬の農産物「とうもろこし」を買いに”道の駅しなの”の「地場産品直売所 いっさっさ」に向かいました。
たくさんの皆さんが、新鮮な農産物を購入していました。

1 2

このブログのトップへ